栗山民也演出、 高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美が出演『チルドレン』9月に日本初演!

チルドレン_キーヴィジュアル画像

ブロードウェイ、ウエストエンドを震撼させた超問題作『チルドレン』を、日本を代表する実力派俳優、高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美を迎え、栗山民也の演出で、2018年9月より日本で初めて上演する。
 
脚本のルーシー・カークウッドは、1984年生まれ。弱冠33歳というイギリス演劇界期待の若手女流作家。彼女が執筆した、アメリカ人写真家が、1989年に天安門広場で戦車の前に立ちはだかった男の軌跡をたどりながら、現代のアメリカやそこで暮らす外国人が抱える問題をひも解いた意欲作『チャイメリカ』は、2014年ローレンス・オリヴィエ賞最優秀作品賞を受賞した。
本作『チルドレン(原題:THE CHILDREN)』は、そんな注目のカークウッドが英ロイヤル・コート・シアターの招きで書き下ろした作品。カークウッドの作品を上演するのは、日本で本作が初となる。米ブロードウェイ、英ウエストエンドでの上演成功を受けて、今春、シドニー・オペラハウスでも上演された本作。世界の観客に問いかけるのは、普遍にして壮大なテーマ。多くの過ちを繰り返し、染みだらけになったこの地球で、今を生きる私たちは、生まれ来る未来の子供達の為に、何ができるのか―。

【あらすじ】
巨大地震、大津波、そしてそれに伴う原発事故。
そこから遠くもない海辺のコテージに移り住んだ夫婦ロビン(鶴見辰吾)とヘイゼル(高畑淳子)。
そこへ数十年ぶりに女友達ローズ(若村麻由美)が訪ねてきた。
昔のように語らい、踊り、冗談を言い合う 3 人の背景が明らかになるにつれ、
次第に色濃くなる世界の影。
現代を生きる私たちは、母なる地球とどう関わるべきなのか――?
人生の後半に差し掛かった 3 人の元物理学者。
彼らに迫る決断の時。そして彼らの下す結論とは…。

【ビジュアル撮影】
02_s

天候に恵まれた4月上旬に、関東某所の海岸で、『チルドレン』のティザー動画およびイメージビジュアル撮影を行った。ブロードウェイ、ウエストエンド公演のビジュアルに準じて、防護服を着た3人が、作品の設定でもある「地震、津波の被害を受けた原発からそう遠くない海辺」で佇み、自然の風景をバックに、未来の地球への思いを想起させるイメージで撮影を行った。

母なる地球から託された警鐘を、どう未来の子どもたちのために伝えていくのか。
人類の「叡智」が問われる挑発的な問題作の日本初演となる。
 
〈公演情報〉
PARCO プロデュース 2018 
『チルドレン』 
作◇ ルーシー・カークウッド
翻訳◇ 小田島恒志
演出◇ 栗山民也
出演◇ 高畑淳子 鶴見辰吾 若村麻由美
●9/8・9◎彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
〈料金〉6,800 円 U‐25 チケット 5,000 円 (全席指定・税込)
●9/12~26 ◎世田谷パブリックシアター
〈料金〉7,500円  U‐25 チケット 5,000 円 (全席指定・税込)
〈前売開始〉2018 年 6 月 2 日(土)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 (月~土 10:00~18:00)
●9/29・30◎穂の国とよはし芸術劇場プラット主ホール
●10/13・14◎北九州芸術劇場 中劇場
●10/30◎えずこホール(仙南芸術文化センター)




『銀河鉄道999』お得なチケット販売中
kick shop nikkan engeki