劇団衛星2年半ぶりの新作で“学会の世界”描く、ワークショップなど関連企画も

劇団衛星「白くもなく、さほど巨大でもない塔を覗き込む、ガリヴァー」が、5月11日から13日、そして18日から20日まで京都・KAIKAで上演される。