文化庁「新進芸術家の海外研修」に名取敏行ほか

名取敏行(名取事務所代表)ほかを採択 「平成30年度新進芸術家海外研修制度研修員」-文化庁

文化庁は、「平成30年度新進芸術家海外研修制度研修員」(短期研修・前期)の採択結果を発表した。名取敏行(名取事務所代表/訪問先ノルウェー)ほかが選出された。

関連サイト⇒ 平成30年度「新進芸術家海外研修制度」申請及び採択状況・研修員一覧(PDF)

「新進芸術家の海外研修制度」の対象は、美術、音楽、舞踊、演劇、舞台美術等、映画、メディア芸術の各分野における新進の芸術家、アートマネージメント担当者など。研修期間は,1年,2年,3年,特別(80日間),短期(20日~40日)及び高校生(350日)の6種類がある。

【こちらもチェック!】
◆ 過去の採択者一覧はこちらから。

文化庁「新進芸術家の海外研修」に名取敏行ほか制作ニュースで公開された投稿です。