「楽都郡山」発展に提言発信 地元音楽界の有志、考える会設立

郡山市の音楽界をリードしてきた有志が6日までに、音楽都市としての発展を目指す「楽都郡山を考える会」を設立した。 音楽専用ホールの建設や国際音楽祭の開催など今後の音楽都市の在り方や方向性を検討し、行政や市民に意見や提言を発信していく。 会員は6人で、郡山文化協会の大槻順一顧問と作曲家の岡部富士夫さん(元郡山女子大短期大学部音楽科教授)、郡山市民オーケストラの春山秀城顧問(県アマチュアオーケストラ連盟会長)、アマデウス室内管弦楽団の本橋義彰代表(同市音楽連盟会長)、「みんなで歌う第九の会」の作田秀二会長、 ...