上演審査7名決定「こまばアゴラ演出家コンクール」

上演審査に臨む7名が決定 「こまばアゴラ演出家コンクール2018」

こまばアゴラ劇場による新しい取組み「こまばアゴラ演出家コンクール2018」の、書類審査通過者が発表となった。7名の演出家が、5月11日~13日に行われる上演審査に臨む。

関連リンク⇒こまばアゴラ演出家コンクール2018 書類審査通過者の発表

今回、100名を超える応募があったという。上演審査では、配役された青年団・無隣館及び、関連団体の俳優とともに、3日間で課題戯曲の演出に挑む。審査員は、平田オリザ(同劇場芸術総監督)、岩井秀人(ハイバイ主宰)、松田正隆(マレビトの会代表)、佐々木敦(批評家)、柳美里(小説家)4名が務める

<書類審査通過者>
・ 小原花
・ 岡本昌也(安住の地)
・ 出井友加里(ティッシュの会)
・ 額田大志(ヌトミック/東京塩麹)
・ 野村眞人(劇団速度)
・ 蜂巣もも(グループ・野原/青年団 演出部)
・ 和田ながら(したため)

上演審査7名決定「こまばアゴラ演出家コンクール」制作ニュースで公開された投稿です。