サッカー場が最大級ホールに ハイブリッド芝で夢広がる

サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸の本拠地、ノエビアスタジアム神戸(ノエスタ、神戸市兵庫区御崎町1)に3月、天然芝と人工繊維を組み合わせた「ハイブリッド芝」が国内で初めて導入され、スタジアムの活用幅が広がりつつある。従来の天然芝より耐久力がアップ。風雨を避ける開閉式の屋根も備えており、スポーツに加え、コンサートや大規模イベントでの利用も検討され始めた。ピッチが市内最大級のホールにも−。新たな構想が膨らむ。 ノエスタは神戸市の所有で、2001年10月に完成した。収容人数は最大約2万8千人。02年 ...