日比谷、芸術・文化拠点へ深化 三井不動産「ミッドタウン」きょう開業 (1/3ページ)

東京・日比谷の新ランドマークとなる複合施設「東京ミッドタウン日比谷」が29日、開業する。各エリアで再開発が進む東京都心だが、日比谷はかつて日本の近代文明化を象徴する社交場、鹿鳴館(ろくめいかん)を擁し、今も劇場や映画館などが集積する芸術・文化拠点。開発する三井不動産はこうした歴史的伝統を受け継ぎ、日比谷を日本有数の芸術の街として深化させる狙いだ。 現代の鹿鳴館に 「霞が関の官公庁街や丸の内などのビジネス街、銀座などの商業地という異なる特徴的なエリアの結節点であり、高度成長をリードしてきたアイデンティテ ...