丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)×山崎彬(悪い芝居) 怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」4月19日からスペース・ゼロで上演

 ≫広告掲載のご案内


イラスト:丸尾末広(『笑う吸血鬼』より)
イラスト:丸尾末広(『笑う吸血鬼』より)
 

丸尾丸一郎の脚本、山崎彬の演出による怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」が4月19日より全労済ホール/スペース・ゼロで上演される。

 
本作は『地元出身クリエイターによる地元発の舞台』を掲げ企画されたもので、関西気鋭のクリエイターである丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)と山崎彬(悪い芝居)のタッグによって2017年12月に大阪にて初演。
美しき耽美画による不朽の名作漫画「笑う吸血鬼」を新しくも耽美な世界観で舞台化し、話題を呼んだ。

 
怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」の舞台美術(作:竹内良亮)
怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」の舞台美術(作:竹内良亮)

 
そして今回、4月19日から東京・全労済ホール/スペース・ゼロで上演される。

 

 

STORY

謎の駱駝女(らくだおんな)から血を受けて、吸血鬼となった十四歳の美少年毛利耿之助。
血を求めて夜を彷徨う。悲しみと憂鬱に満ちた日々。
そして第二の吸血鬼となった同級生の宮脇留奈。ふたりの運命は…。
1998年からヤングチャンピオン(秋田書店)にて連載され、2000年に単行本化。
2016年9月にはKADOKAWAのビームコミックスにて新装版として全2巻で刊行されている。

 
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」

原作:丸尾末広『笑う吸血鬼』(ビームコミックス/KADOKAWA 刊)
脚本:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)  演出:山崎彬(悪い芝居)
音楽:岡田太郎(悪い芝居) 振付:MAMORU(BE THERE)

キャスト
毛利耿之助役:大原海輝、宮脇留奈役:飛鳥凛、橘マコト役:ゆうたろう、
辺見外男役:千綿勇平、駱駝女役:柄谷吾史、
橘和子役:幸田尚子、沼夫人役:野村麻衣(悪い芝居)、バヤカン役:森田真和、
中山知美役:中西柚貴(悪い芝居)、永田悟役:池田謙信、
近藤哲也役:浅野康之(劇団鹿殺し)、カン役:近藤茶(劇団鹿殺し)
町田尚規、新津昭江、増本優子

2018年4月19日(木)~22日(日)/東京・全労済ホール/スペース・ゼロ

公式サイト
怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」

プレイガイドで検索
ぴあicon