客席との垣根を低くしてさらに攻めていく! 歌謡倶楽部『艶漢』第二幕 伊勢直弘・櫻井圭登インタビュー

艶_0846x

エログロナンセンスな世界観が人気を集める、尚 月地の同名漫画を原作にした舞台、浪漫活劇譚『艶漢(あでかん)』。そのキャストがそのまま出演し、本編とはまた違う表現で魅せる、歌謡倶楽部『艶漢』の第2弾が、4月11日から15日、昭和の雰囲気漂う東京・キネマ俱楽部にて上演される。
 
このステージは「歌謡倶楽部」の名の通り、J-POPから演歌まで幅広い楽曲の歌やダンスを中心に、繰り広げられる。脚本・演出は初演から伊勢直弘が手がけ、ほさかよう演出の本編、浪漫活劇譚『艶漢』とは差別化を図っている。まさにライブな『艶漢』とも言うべきこの公演が、今回はどのような展開になるのか。
主人公・吉原詩郎役の櫻井圭登と、構成・演出の伊勢直弘に話を聞いた「えんぶ4月号」のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介。

艶_0839x
伊勢直弘・櫻井圭登

だったらもっと
こっち側に来ればいいと!

──約1年半ぶりの第2弾となりますが、どのようなステージを考えていますか?
伊勢 第二幕はズバリお客様と一緒につくろうと思っていて。ステージ上ではなく会場全体でつくるつもりです。
 
──それは初演の手ごたえがあってのものですか?
伊勢 そうですね。お客様がペンライトを振ったり楽しみながら応援をしてくださっている姿を見て「だったらもっともっとこっち側に来ればいいじゃん」って。だからできるだけ客席とステージの垣根を低くして、グレーゾーンを増やしたいと思っています。
櫻井 新しい挑戦ですね!
 
──原作ものでありながら歌謡エンターテインメントショーという独自の舞台をつくるのは大変でしたか?
伊勢 歌うはずのないキャラクターたちが歌って踊って、さらにコントをやっているので、お客様がその乖離した部分をちゃんと埋めてくださるかどうか、という怖さはありました。幕が開けるまで怖かったよね。
櫻井 そうですね。
伊勢 だから幕が開いて、お客様が盛り上がってくれたところを見て、助けられたなと思いました。
 
──冒頭は緞帳が上がると詩郎がノーフン(フンドシを着けない詩郎の定番スタイル)という衝撃の演出で。あれをやった櫻井さんはすごいと思いました。
櫻井 いやいやもう、出せるものはすべて出します(笑)。でも最初にその演出があって、1曲目が始まったときのお客さんの盛り上がりを見て、「あ、いける!」って確信しました。

役者同士の
バトル的な雰囲気が魅力

──「歌謡倶楽部」の芝居は「浪漫活劇譚」とは違いますか?
櫻井 違いますね。出演者がいろんな引き出しをぶつけ合うので、そこが本当に楽しくて。この人は普段こういうことしてるんだ、というのがお芝居でわかったりするんですよね。
伊勢 ちょっと役者同士のバトル的な雰囲気があるよね。「ぶっこんできやがった!」みたいな(笑)。
櫻井 そうですね。それを受けてどう返すかとか考えながらやるのが楽しかったです。
 
──伊勢さんはその出演者の挑戦と原作とのバランスはどう取っていましたか?
伊勢 役者さんたちは「浪漫活劇譚」でキャラクターへの理解を既に持っているので、そこは大丈夫なんです。でも逆にそこに頼ると「歌謡倶楽部」という、いわゆる"亜種"は成立しないので。「この人にこういう一面があってもよくない?」というところを探りながら提示していきましたね。
 
──櫻井さんは今作ではどうしたいと考えていますか?
櫻井 ダンスと歌のクオリティーを上げて、もっと『艶漢』ならではの歌とダンスを届けたいと思っています。初演で脱いじゃったので、さらに別のアプローチでエロさを出していかなくてはということも自分では思っています。
 
──脱ぐだけではもうダメですか。
櫻井 そうですね、そろそろ(笑)。「歌謡倶楽部」ってどんなことでもできるので、他の舞台では観たことがないようなことをしたいです。お客さんも「あ、初めて観た」っていう感覚が味わえるような。攻めていきたいですね。
伊勢 いい意味で役者馬鹿が揃っている座組なので、そこはすごく信頼しているんです。進化し続ける「歌謡倶楽部」でありたいと思っているので、今回も楽しみにしていただいて。ぜひお客さんに参加してもらいたいです。

艶_0842x
伊勢直弘・櫻井圭登

いせなおひろ〇北海道出身。舞台活動を中心に、演出家、脚本家、俳優、ラジオパーソナリティ、声優、ナレーターとして活動中。主な演出・脚本作品は、舞台『ノラガミ』シリーズ(脚本・演出)、『Club SLAZY』シリーズ(脚本)、舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME ~』シリーズ(脚本)、舞台『四月は君の嘘』(演出)、劇団シャイニング『天下無敵の忍び道』(脚本・演出)、朗読劇『雲は湧き、光あふれて』(演出)など。

さくらいけいと〇東京都出身。俳優として舞台を中心に活躍中。最近の主な出演舞台は、『CLOCK ZERO~終焉の一秒~』、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズ、浪漫活劇譚『艶漢』シリーズ、WBB vol.10.5『リバースヒストリカ2016』、舞台『BRAVE10』、ミュージカル『スタミュ』、『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」ワールドツアー』、『ミュージカル「魔界王子 devils and realist 」second spirit』など。
 

〈公演情報〉
DZICEcYVQAIpCoV

歌謡倶楽部『艶漢』第二幕
原作◇尚  月地『艶漢』/「ウィングス」連載中(株式会社 新書館) 
脚本・演出◇伊勢直弘 
振付◇當間里美 
楽曲制作◇大石憲一郎 
出演◇櫻井圭登 末原拓馬(おぼんろ) 三上 俊 田上真里奈 ほか
●4/11~15◎東京・キネマ俱楽部



【取材・文/中川實穂 撮影/田中亜紀】



チケット50%OFF!
kick shop nikkan engeki