口コミで動員を増やし続けたオリジナルテント公演、おぼんろ『キャガプシー』再演決定!

6E3A4763-1

大人のための寓話を物語り続けて来たおぼんろが、去年の秋、大好評を博したオリジナルテント公演『キャガプシー』を、5月16日~27日におぼんろ特設劇場「キャガプシーシアター」にて開催する。
参加した観客のSNSでのクチコミなどにより初日を明けてから動員が伸び続けた本作品。1000年先も続く物語、社会現象となる作品を目指して再演することになった。
何もないその場所に、その期間だけ生まれる劇場を建設、衣装や舞台美術は公演の参加者から贈られてきた不用品を使って創り上げた。再演の際にも「建材募集」を行い、再び魔法のような空間を作り上げたいと考えている。

_MG_5143-1
_MG_5239-1

【おぼんろ】
2006年末に東京・早稲田にて結成された、主宰・末原拓馬率いる劇団。
かつておぼんろのことをまだほとんど誰も知らなかった頃、主宰の末原拓馬は毎晩のように都会の路上で、行き交う通行人を相手に独り芝居を繰り返していた。それからもおぼんろは、廃工場や屋形船の上など様々な場所で「物語り」をする。その過程で培われた特殊な演劇技法が、今のおぼんろの超個性的な特徴となっている。観客に想像力を抱かせることで、どんな場所にでも物語世界を生み出すのだ。最近では、劇場のみならずいかなる場所でも公演を行うなど、アトラクション型公演である。
『狼少年二星屑ヲ』では167人の動員だったが、その20倍の3000人をこす動員をおさめる劇団まで成長している。

_MR_0120-1
_MR_2532

3月24日、25日には『キャガプシー』初演のDVD上映会、語り部(キャスト)たちによる物語の上演を予定している。また今後の活動の幅を拡大するため、ともに物語に参加してくれる語り部の募集・ワークショップオーディションも3月下旬から4月上旬に開催を予定している。(上記ともに詳細情報は公式HPにて。)
 
〈公演情報〉
 ビジュアル最終 (1)-1

おぼんろ第16回本公演『キャガプシー』
作・演出◇末原拓馬
劇場美術◇竹邊奈津子 
語り部◇さひがしジュンペイ・高橋倫平・わかばやしめぐみ・末原拓馬
●5/16~27◎おぼんろ特設劇場「キャガプシーシアター」(江戸川区臨海町6丁目葛西臨海公園内汐風の広場)
〈料金〉全席自由/一般前売4500円   当日参加チケット4800円(税込) 
優先入場参加チケット(5分前入場)5000円 各ステージ限定20枚
ひよっこ(高校生以下)2000円 イイネ公演チケット(金額は当日投げ銭)
トリオ割10,000円(超お得な3人セット一般チケット)
※イイネ公演/実質無料の公演。観劇後に、参加者の思った価値分を投げ銭するシステム
☆特典付き公演/終演後、出演者の楽屋トークラジオをその日の参加者様限定で期間限定配信する





チケット50%OFF!
kick shop nikkan engeki