藤沢版 市民会館の灰皿撤去 4月から完全禁煙

藤沢市民会館大ホールの脇にある喫煙所が3月末で撤去される。市が進める公共的施設の受動喫煙防止対策の推進や、機運の高まりを受けて決められた。 同会館は、1階の大ホール入口へ続く階段の下に喫煙場所を設けていたが、一昨年、場所を現在の大ホール脇に移動。灰皿は3基置かれ、囲いはなかった。 市民会館を管轄する文化芸術課によると、煙や臭いに関する苦情も寄せられていた。別の喫煙所は設けないため、4月から市民会館の施設敷地内は完全禁煙となる。 利用者の男性は「図書館に行くことが多いので、使っていた。ここがなくなると周 ...