錦織一清と三浦香のタッグで『GRIEF 7』制作決定!米原幸佑、加藤良輔らを迎えて描くこの世と人の「闇」

009102.jpg

錦織一清が演出、三浦香が脚本を手掛ける『GRIEF 7』が、2018年7月に上演されることが決定した。本作は「竹久夢二のすべて」や「猫と裁判」などで知られる野村桔梗を原作に迎え、錦織と三浦が“この世”と“人”の闇エンターテイメントに仕上げるステージで、「絶望×希望」「牢獄×現実」「悪×正」...