森岡めぐみのホール&劇場 ドイツ見聞記(4)

さて、最終回は、ドイツの劇場の裏方を駆け足で巡ってみましょう。伝統的な劇場では、舞台で使うあらゆるものがここで作られています。衣装工房、靴工房、カツラ工房、これらは型をとるところから始まるオーダーメードです。装置を作る木工場、背景などの絵を描く画工房も劇場内に、楽屋や倉庫、リハーサル室、事務室、職員用食堂もあります。もちろん音響や照明、舞台機構を扱う技術スタッフもスタンバイ。人がぎっしりです。 テアター・コブレンツを例にとると、音楽劇・バレエ・演劇・人形劇の4部門の専属役者などが98名、職人や技術者が ...