「四季」観劇に外国語の字幕 眼鏡型端末を2月末導入 札幌で先行実施

増加する道内の外国人観光客に対応しようと、劇団四季は眼鏡型情報端末(スマートグラス)を、札幌の北海道四季劇場で2月27日から再開するミュージカル「ライオンキング」で導入する。端末の内側に外国語の字幕が表示され、舞台から目を離さずに読める。全国の四季劇場に先駆けた試みで、聴覚障害者には無料で貸し出す。 導入するのはエプソン(東京)社製の約20台。字幕は英語と中国語(簡体字と繁体字)、韓国語のほか、聴覚障害者向けに日本語もある。外国人向けの料金は2千円で、保証金が必要になる。外国人向けの旅行サイトで予約を ...