BTO方式を導入/改修83億、新設で最大175億/静岡市の文化会館再整備

静岡市は、市民文化会館を再整備し新たなホールやアリーナを建設・運営する事業にBTO(建設・譲渡・運営)方式のPFIを導入する方針だ。施設整備費(設計・建設・解体など)は、既設の大規模改修で約83億円を要し、新設で最大約175億円になる見通し。 23日に開いた静岡市駿府町地区文化・スポーツを核としたまちづくり懇話会(座長・坂井文東京都市大教授)の4回目の会合で案を示した。 市は▽アリーナ5000席とホール2000席、ホール800席(施設整備費約153億−161億円)▽アリーナ7000席とホール2000席 ...