二兎社の傑作『ザ・空気』に続く永井愛の新作『ザ・空気 ver.2』~誰も書いてはならぬ~を6月に上演!

DTOp_AzVQAAqv3y

テレビ局の報道現場を通して、現代の日本を覆う奇妙な“空気”の正体に迫った前作『ザ・空気』は、演劇界の垣根を超えた話題作となり、読売演劇大賞の中間発表では、作品賞、女優賞、演出家賞の三部門で上半期のベスト5に選ばれた。二兎社はこの手ごたえを糧に、『ザ・空気』をさらにバージョンアップさせた新作に挑戦する。

今回の舞台は、報道各社の政治部が入居する国会記者会館。国会議事堂、総理大臣官邸、内閣府などを一望できる特殊な場所で考え方も立ち位置も異なる5人の記者たちがある出来事をめぐり、抜き差しならない状況に追い込まれます。
このことをどう書くべきか?しかし書くとどうなるか?いや、そもそも書くべきなのか?はからずも自分自身の生き方と向き合うことになる。
記者たちの「特別な半日」を描く、まさに注目作だ。

出演者は、注目の舞台に次々に出演してその魅力にますます磨きのかかる安田成美、俳優だけでなくナレーター・コラムニスト・折り紙作家など多彩な才能で知られる松尾貴史、多くのドラマに出演するとともに舞台でも活躍する眞島秀和、栗山民也や小川絵梨子をはじめ数々の演出家の舞台で存在感を示す馬渕英里何、昨年は藤田俊太郎や森新太郎という人気演出家の舞台で主演を務め、若手俳優の中でも確かな実力を見せる柳下大。この5人だけの濃密な舞台だ。
6月にさいたまと東京、7月下旬から9月初頭まで、三重、愛知、長野、岩手、山形、山口、福岡、兵庫、滋賀で公演予定。

〈公演情報〉
二兎社公演42
『ザ・空気 ver.2』』~誰も書いてはならぬ~
作・演出◇永井愛
出演◇安田成美、眞島秀和、馬渕英里何、柳下大、松尾貴史
●6/23~7/16◎東京芸術劇場 シアターイースト
●6/17◎富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
●地方公演 7月下旬~9月頭まで(三重、愛知、長野、岩手、山形、山口、福岡、兵庫、滋賀で公演予定)
〈お問い合わせ〉03-3991-8872(平日10:00-18:00)




えんぶチャート投票受付中!
kick shop nikkan engeki