金沢アリーナ構想が始動/新たなPPPモデル創出/民間主導の推進協議会発足

金沢市にアリーナの実現を目指す民間主導の協議組織、(仮称)金沢アリーナ推進協議会が22日、発足した=写真。金沢駅西の徒歩圏内の敷地約2万?に、約70億円でアリーナと駐車場を建設し、最短で2022年度末の開業を目指す構想が示された。スポーツ庁から委託されて検討作業を進めてきた浦建築研究所の浦淳社長は、民間活力を基本にしたこれまでにないPPPのスキームを金沢から発信していく考えを明らかにし、「『貸館』ではなく、金沢ならではのコンテンツで、複合的な収入源を持つプロフィットセンターとして(今後のアリーナの)プ ...