石丸幹二&笹本玲奈&宮澤エマの「ジキル&ハイド」製作発表 速報レポート

 ≫広告掲載のご案内


ミュージカル「ジキル&ハイド」フォトセッションより
「ジキル&ハイド」製作発表 フォトセッションより
 

石丸幹二、笹本玲奈、宮澤エマらが出演するミュージカル「ジキル&ハイド」の製作発表が行われ、演出の山田和也とメインキャストが登壇した。

 
ミュージカル「ジキル&ハイド」は2001年に日本初演。2003年、2005年、2007年と、鹿賀丈史主演による過去四度の公演で日本ミュージカル界に歴史を刻んできた。
2012年3月には新たなジキル&ハイド役に石丸幹二を迎え、人間の持つ“光と影”、“表と裏”を描き出した。2016年3月にはタイトルロールを演じる石丸幹二に加え、娼婦ルーシーを濱田めぐみが、エマ役を笹本玲奈が演じて好評を博した。

そして今回2018年版では、同じくジキル&ハイド役は石丸幹二。前回エマを演じた笹本玲奈は娼婦ルーシー役に。そして宮澤エマがエマ役を演じる。

本作の製作発表が行われ、劇中曲が披露された。
※動画は後日(たぶん金曜日に)追記します!

.

製作発表で、演出の山田和也は本作の魅力について「人間の憎悪、嫉妬など普段表には出しにくい感情が出てくるが、フランクワイルドホーンさんの魅力的な音楽でそれをとてもセクシーにしてくれている。妖しくてセクシーでドラマティック」と評価。

石丸幹二も「ネガティブな部分は人間の誰しもが持っているが、演じていて快感になってくる。語弊があるかもしれないが、ハイドを演じている時がとても楽しい。」とにこやかにコメント。

今回、初めてルーシー役を演じる笹本玲奈は、「鹿賀丈史さんのジキル&ハイドを観て、いつかルーシーをやりたいと思っていた。エマをやっていた自分はすっかり忘れました!」とキャスティングされた喜びを語っていた。

そしてエマ役を演じる宮澤エマは、「エマはとても純水な良い人。まだ真っさらですが、これからじっくりとジキルとの関係を作っていきたい。」と、これからの稽古への意気込みを語っていた。

本作は3月3日(土)から東京国際フォーラムホールCで上演。その後、名古屋、大阪でも上演される。

 
(撮影・文:森脇孝/エントレ)

 

 

公演情報

ミュージカル「ジキル&ハイド」

【音楽】フランク・ワイルドホーン
【脚本・詞】レスリー・ブリカッス
【演出】山田和也
【上演台本・詞】高平哲郎

【出演】石丸幹二 笹本玲奈 宮澤エマ 田代万里生 畠中洋 花王おさむ 福井貴一 ほか

2018年3月3日(土)~18日(日)/東京・東京国際フォーラムホールC
2018年3月24日(土)・25日(日)/名古屋・愛知県芸術劇場大ホール
2018年3月30日(金)~4月1日(日)/大阪・梅田芸術劇場メインホール

公式サイト
ミュージカル「ジキル&ハイド」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon