金沢にアリーナ整備構想 民間推進協が初会合

金沢駅の徒歩圏にスポーツ観戦やコンサートを楽しめる最大1万人収容のアリーナを整備する構想が民間主導で動き出した。石川県内のスポーツ関連団体や企業でつくる「金沢アリーナ推進協議会」が22日、初会合を開き、事業概要を明らかにした。今後、用地や資金について関係者と協議し、最短で2022年度末の開業をめざす。 基本構想では金沢駅から500メートルの徒歩圏に約2万平方メートルの敷地を確保する。再開発が進む西口エリアが有力候補だ。ここに約70億円を投じて5千〜1万人収容のアリーナと500台規模の駐車場を整備する。 ...