ここにしかないショーケース! LOVE LOVE de SHOW Vol.5 『White Labyrinth』東山義久・TAKA・DANIEL・法月康平 インタビュー

I決定L2088

実力派のソング&ダンス&パフォーマーたちが、ROCK・LATIN・JAZZ・HIP-HOP×大太鼓・尺八・三味線のサウンドとリズムのクロスオーバーするステーを繰り広げる、スーパーエンターテイメントショーLOVE LOVE de SHOW 『White Labyrinth』が1月17日に天王洲銀河劇場で開幕する!(21日まで)
 
DIAMOND☆DOGS(D☆D)15周年アニバーサリーシリーズの一環であり、LOVE LOVE de SHOW シリーズの掉尾を飾る公演には、過去の作品以上に、より多彩なメンバーが集い魅力を爆発させるステージとなる。そんなときめきの舞台を創り上げる、東山義久、DANIEL、法月康平、TAKAが、真冬のエンターテインメントに向けた想いを語り合ってくれた「えんぶ2月号」のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介。

IMGL2099
上段/TAKA、東山義久 下段/DANIEL、法月康平
 
おもちゃ箱をひっくり返したようなステージ

──LOVE LOVE de SHOWシリーズの第5弾ということですが。
TAKA 元々LOVE LOVE de SHOWは、リーダー以外のD☆Dのメンバー6人と、DANIELや植木豪さんなど、様々なジャンルのパフォーマーの方々とのコラボレーションをしていく企画で、全体のストーリーはありつつも、和楽器奏者にも入ってもらって、良い意味で奇想天外な音楽で創るショーケースです。今まで春夏秋冬でやってきて、10年が経ち、今回の『White Labyrinth』で完結という形になります。ノスタルジーな香りは残しつつ、ノリくん(法月康平)や、(大山)真志くんの特性を、存分に活かした構成になると思います。
DANIEL 僕は2回目の出演なのですが、これまであまり歌う機会がなかったので、このショーで歌えたことが、僕の中ではとても大きな出来事でした。元々歌が好きなので、今回もどんなことができるのかなと楽しみです。
法月 僕もD☆Dさんと出会っていなかったら、こんなに踊ることはなかったと思います。ダンスの楽しさを教えてくれたのはD☆Dさんだし、今ダンス中心の舞台にも多く立たせて頂いているので、今回も見せ方などをたくさん学びたいです。
 
──そして、最終章にして初めて東山さんが出演で、スペシャルゲストスターという感じですね?
TAKA ええ、そうですね。
東山 ちょっと、それめちゃくちゃ恥ずかしいから! 自分のところのグループなのに(笑)。
TAKA いや、ラストだからこそリーダーに華を添えてもらうんです(笑)。でもやっぱり、今回の強みはD☆Dが全員揃うことなので、そこは存分に魅せていきたいなと思っています。
東山 今まで客席から観ていた側としては、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージだなと感じていて。皆がD☆Dの舞台ではできないことをやっている、挑戦的なショーだから、僕は温かく見つめつつ、余計なことは言わず(笑)、でも意欲を持って参加しようと思います。僕自身も挑戦していきたいですね。

IMGL2080

挑戦を続けるメンバーたちから生まれる化学反応

──DANIELさんが歌、法月さんがダンスと、D☆Dと出会うことで新たな引き出しが出きたというお話でしたが、D☆D自身の役割分担も今やボーダーレスになりましたね。
東山 D☆Dを立ち上げた時の目標が、全員が全てのパフォーマンスをこなして、演出・衣装・照明等も全て自分達でできるグループにしたいというものだったので、15年経ってようやくその形に到達したかなと。
DANIEL そういう全員が挑戦を続けている方達なので、僕もD☆Dの舞台では必ず新しいことに挑戦させてもらえて、前回太鼓で踊った時にも、とても原始的な楽器だけに、太古から続いてきた音に自分がどうアプローチするか興味深くて。今回も様々な化学反応が生まれそうですね。
TAKA このシリーズの見どころに和楽器があるし、和楽器奏者の方達もその道の世界王者でありつつ、すごく柔軟な考え方の持ち主なので、色々なジャンルの音楽を受け入れてくれて、ここでしかできないものがありますから。
法月 僕も和楽器バンドは大好きでよく聞くので、和楽器と一緒にやれるのが楽しみです。この挑戦は、今自分に一番足りないと思っている表現力を磨けるチャンスなので、貪欲に吸収したいです。
東山 今回、11人のメンバーの個性が誰1人重なっていないので、その個性のぶつかり合いと和楽器とのコラボレーションで、唯一無二のものが創れると思います。2018年の年頭を飾るに相応しいステージになるよう頑張っていきましょう!

IMGL2101
上段/TAKA、東山義久 下段/DANIEL、法月康平

ひがしやまよしひさ○大阪府出身。00年『エリザベート』のトートダンサーで一躍注目を集める。03年に「DIAMOND☆DOGS」を結成、総合演出も手掛けている。また新プロジェクト「BOLERO」など多方面に表現活動を展開中。最近の主な出演作品は、『BOLERO 2016~モザイクの夢』『ALTAR BOYZ』『エジソン最後の発明』『CLUB SEVEN ZERO』『WILDE BEAUTY~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~』『SWAN 2017』など。現在上演中のミュージカル『戯伝写楽』に出演、また3月に『恋する♡ヴァンパイア』への出演も控えている。
 
たか○幼少の頃よりクラシックピアノをはじめ、ギター、バイオリン等多種多様な楽器を操り、中学高校時代から様々なビジュアルバンドで活動。08年に「DIAMOND☆DOGS」に加入し、絶対音感を以て数多くの楽曲を生むコンポーザーとして、また「DIAMOND☆DOGS」の音楽の中心核として活躍する他、マルチプレイヤーとして幅広く活躍している。
 
だにえる○10歳よりエストレーラバレエでレッスンを開始。数々の受賞歴があり、フランス留学で研鑽を積む。07年~10年までKバレエカンパニーに所属し、多くの舞台に出演。アメリカンエキスプレスCMに出演、紅白歌合戦にて郷ひろみと共演。現在はクラシックバレエの舞台と共にバレエ以外のダンス公演にも幅を広げ、DANIELとしての活動も展開中。
 
のりづきこうへい○東京都出身。04年に芸能活動を開始。卓越した歌唱力を武器に、ミュージカルの舞台や、ミュージカルコンサート等で活躍。近年では演技力、またダンス力にも磨きがかかり、ライブ活動などにも積極的に取り組んでいる。近年の主な舞台に『ALTAR BOYZ Team GOLD』『Second of Life』『レプリカ』『サロメ』など。2月にミュージカル座『BEFORE AFTER』への出演が控えている。

〈公演情報〉
PR のコピー 2
LOVE LOVE de SHOW Vol.5 
『White  Labyrinth』
構成・演出・振付◇森新吾
出演◇東山義久 大山真志  植木豪 DANIEL  法月康平/DIAMOND☆DOGS(森新吾 小寺利光 中塚皓平 和田泰右 咲山類 TAKA) 橋口隆之(和太鼓) -KIJI-(津軽三味線)  岩田卓也(尺八)
●1/17~21◎天王洲銀河劇場
〈お問い合わせ〉公演事務局 03-3492-5300(平日14時~18時)
〈劇場HP〉http://www.gingeki.jp



【取材・文/橘涼香 撮影/友澤綾乃】



極上文學『風の又三郎・よだかの星』
kick shop nikkan engeki