御園座 4月オープン前に内装やどんちょうをお披露目 隈研吾「御園座レッドを全面に」

4月1日に新劇場が開業する御園座(名古屋市中区)は7日、報道陣向けの内覧会を行い、ロビーやホールを公開した。エントランスからロビー、ホールまで朱を基調にし、歩道も朱で彩っており、設計した建築家の隈研吾さんは「朱がかった赤『御園座レッド』を全体に使った。御園座の(伝統的な)赤は名古屋の活気や勢いを象徴するような明るくていい色。(従来の)何倍にも広げて歩道にも広げた」と説明した。 御園座の建物は、1896年が初代で今回が5代目。隈さんは設計にあたり「中心市街地の活性化」「伝統の継承と発展」を意識したといい ...