いよいよ「少年社中」20周年!主宰の毛利亘宏さんにロングインタビュー(後編)

チケット情報はこちら

主宰する劇団「少年社中」の20周年記念公演第1弾となる少年社中×東映 舞台プロジェクト「ピカレスク◆セブン」の開幕を、年明け早々に控える毛利亘宏。

いよいよ「少年社中」20周年!主宰の毛利亘宏さんにロングインタビュー(前編)の続きをお届けします。

ピカレスク2-.jpg

――毛利さんは作り手として、2.5次元舞台のキーパーソンの一人でもあります。特にその分野で活躍する人気男優を劇団の客演として招くというスタイルも、比較的早くから行っていた印象があるのですが。
毛利 そうなのかな......? 例えば鈴木拡樹くんに最初に出てもらったのは2009年(少年社中「ロミオとジュリエット」)なので、確かに早かったですけどね。なるべく外部でご一緒したことがある人を呼びたいという気持ちは持ってますね。2.5次元作品ではキャラに則ってやっている、やらせている役柄があるけど、この人の本質は実はこうで、こういう役をやらせてみたいという思いがあるからお呼びしたいという動機にもつながっています。少年社中というホームグラウンドに出ていただく以上は僕が思う、一番似合う服を着せて、「この出演者は素敵でしょ?」と言えるものを作りたいと思って出演のお願いをしています。

――毛利さんの場合、彼らを演出する際、"育てる"という意識はありますか?
毛利 僕は全然、意識していないです。ミュージカル「薄桜鬼」では特にそうだったんですけど、演出家と役者じゃなくて、ただの戦友になるんですよね。もちろん役者として基礎的なところが足りなかったり、そうじゃない方がいいよってところは作品を守るために伝えますけど、育てるっていうのはおこがましいし、やっぱりちょっと違うなって気が僕はしてしまう。上手く見えないのだとしたらむしろ自分のせいというか、上手く見えるようなホン(脚本)を書いたり演出をしようというモチベーションが、またひとつあるという感じですね。

――2.5次元作品のブームは今後もこのまま続くと予想していますか?
毛利 ブームは続くとは思っています。ですが、作品は多いし、これからはお客さんが作品をより選ぶようにはなっていくとは思います。ただ......こうなる前の演劇界って、ちょっとしんどかったと思うんですよ。僕は80年代の演劇に憧れて上京したんですが、来てみたら"静かな演劇"が流行っていて、「なんだこれは。僕のやりたい演劇じゃない!」と。あの、なんのロマンもない時代だったのに比べたら、よっぽどいい。だから僕はいろんな意味で2.5次元舞台は続くと思っているし、続けたいとも思っています。そして続くために自分も頑張るというか、僕が関わる2.5次元舞台は良質だと思っていただけるような仕事を続けていきたい。

ピカレスク2-2.jpg

――特に、過去に演出を手掛けたミュージカル「黒執事」は、もはや2.5次元の枠に留まらないというか、おっしゃる成果を存分に残した作品だと思います。
毛利 ありがとうございます。2.5次元も本当にピンキリで、あの作品ぐらいまでできれば、海外のミュージカルにも勝てるのではとも思っています。ちゃんと理解している演出家や役者も生まれてきているので、2.5次元は演劇のジャンルの一つとしてちゃんと残っていくと思っています。でも、ダメなものは淘汰されてほしい!(笑) 「演劇に対する愛がありますか?」っていうのを、企画・プロデュースする側に問いたい作品も中にはありますから。あと、お客さんも目が肥えてきて、いいものと悪いものがちゃんとわかるようになってきているかと思うので、改めて、選んでいってほしいとも思っています。お客さんも一緒に成長していく分野なんだろうなと感じています。

――そして、毛利さん主宰の少年社中は、もうすぐ20周年を迎えます。振り返ってみていかがですか?
毛利 なんか不思議な気分ですね。あっという間というか、もう20年かってやっぱり思っちゃいます。10年目までは長かったですけど、10年以降はあっという間っていうイメージ。これまで全部僕の作品でやってきたんですが、作品の質とか作風であるとか、変わらないものは変わらないで来れたなという思いもあります。

――この20年の転機を挙げるとするならば?
毛利 10周年のとき、関ジャニ∞の安田(章大)くん主演で「カゴツルベ」という作品を青山劇場でやったんです。その前年に劇団でやった作品で、いわゆる商業で買われた初めての作品となりました。演出を手掛けた結果、「ああ、今のままじゃダメなんだな」と痛感するきっかけになりました。その後、居酒屋で「まずいぞまずいぞ」って焦りつつバイトし「やっぱり本気で頑張って、いま自分が一番できることに対してもっとギア上げていかないとダメだな」ってことを強く思いました。そしてその後少年社中の代表作といえる「ネバーランド」が作れたり、ミュージカル「薄桜鬼」や最初の仮面ライダーでの脚本(「仮面ライダーオーズ/000」)が決まったのもそのタイミングになりました。自分を追い込んで自信を持ってやるしかないんだと思った、自分的な転機ではありました。そこから特にこの5年ぐらい、今までの良い連鎖が続いているという感じですかね。

――20年目以降、劇団はどう進んでいきそうですか?
毛利 「変わらないものは変わらないでこれた」とさっき言ったんですが、特に「これだ!」というものがあるわけではないので、作り方やアプローチはその都度変えながら作っていきたいとは常に思っています。大きなサンシャイン劇場でやっても小さな中野ザ・ポケットでやってもスタンスは変わらない少年社中でありたいので、変わらないためにちゃんと変わり続けていきたいという想いでやっています。今回の「ピカレスク◆セブン」では、稽古に入る前に劇団員だけ集めてプレ稽古と称して、ネタ出し会みたいなことをしました。こういう物語であるべきだとか、こういうことがいま大事なんじゃないかってことを4日間ぐらい議論して、それを経てホンにしていくということを、この作品ではしています。20年間で初の試みですね。

ピカレスク2-3.jpg

――劇団という形態において、脚本自体がそこまで民主的に作られるのは珍しいですよね。
毛利 みんなで幸せになりたいというか、できるだけみんなで作ってみんなが達成感のあることをやりたいと思っているんです。ゴールはもちろんお客さんに笑顔になってもらうことなんですが、お客さんが喜んでも役者やスタッフがそう思えなかったら失敗だと思うし、実際そういうことも多い。とにかく関わった全員が笑顔になる芝居を作りたい! 作品はわりとひねくれてもいるので、僕のそういう想いと作品が合致していないって、よく言われるんですけど(笑)。

取材・文/武田吏都

チケット情報はこちら