新県庁舎 移転新築 中心商店街、衰退への危機感と不満 きょう落成記念式典 /長崎

県庁舎が長崎市江戸町から同市尾上町のJR長崎駅近くに移転新築され、落成記念式典が24日に開かれる。反対運動が起こる中、現庁舎の老朽化などから進められた移転計画。JR長崎駅周辺では再開発が進んでおり、県庁舎の移転を機に街の中心が浜町アーケード周辺から長崎駅周辺に移る可能性も出ている。直線距離でわずか約700メートルの移転だが、今後の街づくりへの不透明感もあり、中心商店街は衰退への危機感と不満を強めている。 新県庁舎は行政棟、議会棟、警察棟、駐車場棟の4棟からなる。現庁舎の解体費用も含めた総事業費は約43 ...