【動画2分】藤咲彩音(でんぱ組.inc)らが言葉の無い世界で感動を生み出す!『ギア-GEAR-』12月22日から千葉でロングラン公演スタート


GEAR 出演者
『ギア-GEAR-』East Version
 

京都生まれの非言語エンターテイメント『ギア-GEAR- イーストバージョン』が12月22日から千葉の新劇場「千葉ポートシアター」で上演される。

 
『ギア-GEAR-』はマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングの超絶パフォーマンスと、プロジェクションマッピングなどのテクノロジーが融合した、日本発・日本初の非言語エンターテイメント。

京都のギア専用劇場で2012年4月からロングラン公演を続け、2017年10月には2000回公演を達成、観客動員数は合計で14万人を超えた。
言葉を全く使わないノンバーバルなエンターテイメントなため、外国人観光客でもストレスなく観劇することができるため、もはや京都の新たな観光名所となっている。

そして今回12月22日からは千葉ポートシアターでの『ギア -GEAR-』East Version のロングラン公演がスタートする。

 
本作の公開舞台稽古と囲み取材が行われた。動画は囲み取材をベースに、舞台映像を混ぜたもの。【動画2分】

 

Youtubeで観る 
 
 
「ギア -GEAR-」East Version
『ギア-GEAR-』East Version

 

STORY

ポップで切ない感動のストーリー
~人の心が起こす、再生の奇跡~

人間型ロボット「ロボロイド」が働き続ける、忘れ去られた古いおもちゃ工場。
人間が去った今も働き続けるロボロイドたちの前に、かつてこの工場で作られていたおもちゃの人形「ドール」が現れる。
ロボロイドは、異物に対する解析機能を通じて、ドールと触れ合い、ドールが持つ不思議な力により、思わぬ能力を発揮する。
一方、ドールはロボロイドたちとの「遊び」を通じて、少しずつ人間に近づいていく。

そんな楽しそうな時間もつかの間、あることをきっかけに工場が大暴走を起こしてしまう。
そして・・・。

 
出演スケジュール詳細は公式サイトで。
なお会場となる千葉ポートシアターは、千葉ポートスクエア内にあるのだが、ポートスクエアが広いので、初めて会場に行くときは時間に余裕を持って向かおう!

 

(撮影・編集・分:森脇 孝/エントレ)

 

 

公演情報

『ギア-GEAR-』East Version

【出演】藤咲彩音(でんぱ組.inc)ほか

2017年12月22日~ /千葉・千葉ポートシアター

公式サイト
『ギア-GEAR-』East Version

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon