静岡市民文化会館 建て替えの規模変更

静岡市は建て替えを予定している市民文化会館のアリーナを、現在の3倍以上の7000席規模で検討していることがわかった。静岡市民文化会館の建て替えについて、市はこれまでに5000席以上のアリーナを整備する方針を示していた。しかし、5000席規模では音楽興行による収入が見込めず、維持管理費が膨らむことがわかり、黒字収支が見込める7000席に想定規模を変更したという。また2000席、800席規模のホールの整備も検討している。市は事業費を精査するなどして来年度以降策定する基本構想に向け協議を続けていくという。 ...