「第17回AAF戯曲賞」審査結果発表

大賞はカゲヤマ気象台『シティIII』「第17回AAF戯曲賞」審査結果発表

愛知県芸術劇場(愛知県名古屋市)が主催する「第17回AAF戯曲賞」は17日、公開・最終選考会による受賞結果を発表し、大賞はカゲヤマ気象台『シティIII』 、特別賞は山内晶『白痴をわらうか』がそれぞれ受賞した。大賞作品は来年度、同劇場プロデュース公演として小ホールでの上演が予定されている。

関連リンク⇒ 第17回 AAF戯曲賞

今回は全国から89作品が集まり、審査員は昨年に続き三浦基氏(地点)、鳴海康平氏(第七劇場)、羊屋白玉氏(「指輪ホテル」芸術監督)、篠田千明氏の演出家4名が務めた。尚、大賞/特別賞含め、二次審査通過の5作品は、同賞の公式ホームページ上で閲覧することが出来る。(画像は最終審査の様子)

<二次審査通過の5作品>
『イソップ物語』 吉野摩訶(原作:牧野大誓)
『シティⅢ』 カゲヤマ気象台
『人間と魚が浜』 三野新
『白痴をわらうか』 山内晶
『ホールドミーおよしお』 山縣太一
<カゲヤマ気象台プロフィール>
2008年「sons wo:」を設立。以降、劇作・演出・音響デザインを主に手掛ける。現在は東京と浜松の二都市を拠点として活動している。15年、セゾン文化財団ジュニア・フェローに選出された。

「第17回AAF戯曲賞」審査結果発表制作ニュースで公開された投稿です。