石丸さち子の演出でRock Musical『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』上演決定!

5days仮ロゴ

演出に石丸さち子、音楽は和田俊輔という、今もっとも注目されているクリエーターによるオリジナル作品、Rock Musical『5DAYS  辺境のロミオとジュリエット』が、2018年4月3日~23日、KAAT 神奈川芸術劇場にて上演される。
本公演は日本の演劇、ミュージカル文化を未来につなぐため、若者の心に響く、ひいては海外での上演を目指した作品づくりを志したオリジナルミュージカル。
シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』を下敷きに、現代の若者に置き換えて描く5日間の物語。
脚本・作詞・演出は石丸さち子。自身で作・演出・プロデュースを手掛けた『Color of Life』が、NY Midtown International Theatre Festival AWARDSで最優秀ミュージカル作品賞、最優秀作詞/作曲賞、最優秀演出賞を受賞。最近では『スカーレット・ピンパーネル』『マタ・ハリ』など大作の演出も相次ぐ、今最も注目されている演出家の一人だ。
また音楽はジャンルや国籍の枠をこえた幅広い世界観と柔軟な作品性で絶大な信頼を集め、『黒執事』『ハイキュー!!』『NARUTO-ナルト-』など数多くの2.5次元舞台の音楽も手掛けている和田俊輔が担当する。

 s_1東啓介s_2豊原江理佳
東啓介、豊原江理佳
s_3柳下大s_4中山義紘
柳下大、中山義紘
s_5大山真志 s_6マルシア
大山真志、マルシア

キャストはこれからの演劇界を担う存在である東啓介、豊原江理佳、柳下大、中山義紘、大山真志に加え、実力派のマルシアが出演する。
日本におけるオフ・ブロードウェイ、韓国の大学路ともいえるKAAT神奈川芸術劇場 中スタジオでの上演となる。

【Story】
2018年、辺境のための経済復興特別区【グラント】に“ライン”が引かれた。【デルヒ】と【ゼムリャ】に分かれた二つの街の対立は、驚くべき速さで激化していく。【デルヒ】のハワル(東啓介)はある日、友人のポドフ(柳下大)、ナウチ(中山義紘)らと、ゼムリャの祭りにもぐり込めることになった。“ライン”上に暮らす女・ドゥーシャ(マルシア)の導きで。そこで、リェータ(豊原江理佳)とハワルは瞬く間に恋に落ちる。しかし、リェータの兄シーラ(大山真志)は、ゼムリャの血と種を守る民族運動の若きリーダーだった。
転がるように恋しあうハワルとリェータであったが、血気にはやるシーラとポドフが衝突し、二人は引き裂かれていく。街の争い、人々の争いの中、愛を知った二つの命が選ぶ道は……。
愛を知り、愛のために死を選んだ若き男女の5日間の奇跡――。
 
血縁、国境、性別、人種、宗教、経済―見えない“ライン”に隔てられた若者が、たったの5日間で命を燃やした“ライン”をも飛び越える恋。若いエネルギーが迸る日本発の一大ミュージカルがここに誕生する。

〈公演情報〉
Rock Musical『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』
愛を知り、愛のために死を選んだ若き男女の5日間の奇跡――。
脚本・作詞・演出:石丸さち子
音楽:和田俊輔
出演:東 啓介 豊原江理佳 柳下 大 中山義紘・大山真志・マルシア
●4/3~23◎KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ
公式HP http://5days.westage.jp




『ストリップ学園』
kick shop nikkan engeki