演奏会中に地震想定し 鈴鹿で300人 /三重

音楽を楽しみながら防災を学ぶ「避難訓練コンサート」が16日、鈴鹿市飯野寺家町の市文化会館であった。演奏中に震度7の地震が発生したとの想定で訓練を実施した。 演奏開始から約25分後、緊急地震速報が館内に流れた。観客約300人は手荷物で頭を覆うなどして身を守り、スタッフの誘導で隣接する公園に避難した。 鈴鹿市と市文化振興事業団が、不特定多数が集まる公共施設などで地震などが発生した場合の避難誘導や観客の退出時間などを検証するため、初めて開いた。市民吹奏楽団「白子ウインドシンフォニカ」が協力した。 https ...