音楽ホール「市単独で」 仙台市長、県との合同否定

仙台市議会は13日、12月定例会を開き、代表質疑を始めた。市が整備検討中の音楽ホールを巡り、郡和子市長は「基本的には仙台市単独で整備する方向だと考えている」と述べ、県と合同で整備する可能性を否定した。 市は11月、有識者懇話会でホール機能などの検討を開始し、たたき台として2000席規模の試案を示している。郡氏は、市単独整備を目指す理由として、県と合同整備した場合、改修時に代替できるホールがなくなることなどを挙げた。 郡氏は「県民会館との関係は、県との間で早い段階で整理する必要がある」と、合同で整備しな ...