水戸市長選 候補擁立へ 市民会館反対の「市民の会」

水戸市が進める新たな市民会館の建設計画の白紙撤回を求める市民グループ「市民の会」が、二〇一九年春に予定される市長選に候補者を擁立することを決めた。会によると、一八年中に候補者を決定する。 十日に総会を開き決めた。事務局の担当者は「計画の白紙撤回のためには、トップを代える必要がある」と話した。 市民会館の建設の事業費は、周辺地区の再開発を含め二百九十五億円と見込まれる。会は、事業費が膨大すぎるなどとして昨年、計画の白紙撤回を求め、住民投票を直接請求した。条例案は市議会で否決されたものの、計画に反対する署 ...