松井周×村田沙耶香×青柳いづみ、城崎で新作クリエーション&試演会

「城崎国際アートセンター リーディング試演会」が2018年1月11日に兵庫・城崎国際アートセンターにて行われる。…(続きはURLから!↓)
https://natalie.mu/stage/news/259994

Latest

未来のおとなと、かつての子どもたちへ『かがみのかなたはたなかのなかに』舞台写真到着

| 2017年12月13日
新国立劇場 小劇場にて上演されている『かがみのかなたはたなかのなかに』。本作は、「未来のおとなと、かつての子どもたちへ」と銘打った“鏡”をモチーフとした作品で、2015年7月に初演され好評を博した。作・演出は長塚圭史、振付・音楽は近藤良平。出演者には、長塚、近藤、そして、首藤康之、松たか子... ...

未来のおとなと、かつての子どもたちへ『かがみのかなたはたなかのなかに』舞台写真到着

| 2017年12月13日
新国立劇場 小劇場にて上演されている『かがみのかなたはたなかのなかに』。本作は、「未来のおとなと、かつての子どもたちへ」と銘打った“鏡”をモチーフとした作品で、2015年7月に初演され好評を博した。作・演出は長塚圭史、振付・音楽は近藤良平。出演者には、長塚、近藤、そして、首藤康之、松たか子... ...

「危機管理意識が欠如」 棟方志功の板画すり替え問題

| 2017年12月13日
県が所有する棟方志功の板画がカラーコピーにすり替わっていた問題で、県が十二日に公表した最終調査報告書は、関係者の管理の甘さを厳しく批判した。ただ、報告書に盛り込んだ再発防止策の原案は「危機管理意識が欠如している」と自ら指摘した県立近代美術館に「百万円以上の美術品は原則、管理を任せる」とする内容で、実効性に課題が残った。 (志村彰太) この問題には所有者の県文化課、二〇一三年まで作品を保管していた県民ホールの指定管理者「神奈川芸術文化財団」、ホールから移された近代美術館が関係する。報告書は、外部か...

茨木市、市民会館跡地活用基本構想案 意見募集し基本構想策定へ

| 2017年12月13日
茨木市は、市民会館跡地エリア活用基本構想案を策定した。敷地エリアを「市民会館跡地+福祉文化会館+人工台地+中央公園南グラウンド」とし、南グラウンドにホール機能等を導入した新施設を整備する方針。基本構想案について18年1月11日まで意見募集を行い、検討委員会で審議し、17年度末に基本構想を策定する予定。 市民会館(駅前4―7―50)の跡地活用について、16年度に10回にわたり開催した市民会館100人会議を実施した意見等を踏まえ、市民会館跡地を含む周辺エリアの活用における基本方針・コンセプトや導入機...

茨城町、文化施設の整備再開へ 庁内委、方針や管理運営検討

| 2017年12月13日
基本設計を終えたが建築費の高騰で2014年に建設を延期していた文化的施設を巡り、茨城町は11日、整備を進める方向で具体的な検討を再開することを明らかにした。工事着手まで3〜5年が必要となる見通し。同日の町議会一般質問で小林宣夫町長らが答弁した。 副町長を委員長とする庁内検討委を設置し、整備方針の見直しや管理運営方法について検討する方針。議会や町民の代表者でつくる外部検討委も設置する。 閉校した旧駒場小校舎を活用した町駒場庁舎には既に公民館機能の一部を備えている。町長は「財政状況を考慮し建 ......

ふるさと会館いが 住民、大ホール存続要望 来年度で閉鎖 /三重

| 2017年12月13日
伊賀市下柘植の「ふるさと会館いが」大ホールを来年度中に閉鎖する市の方針に対し、地元住民らの「ふるさと会館存続を求める会」(岡島栄一代表)がこのほど、閉鎖の見直しを求める要望書を5561人の署名を添えて岡本栄市長に提出した。 会館は1994年にオープン。大ホールの定員は665人。閉鎖方針は2015年3月に決定した市の公共施設最適化計画に基づく。市によると、来年度中に改修工事に取り掛かり、19年度中に会館を伊賀支所と地元の公民館(図書室を含む)、地区市民センターが入居する複合施設にする。会館の小ホー...

宮城県民会館建て替え 仙台市整備検討の音楽ホールと同規模も 知事、可能性排除せず

| 2017年12月13日
村井嘉浩宮城県知事は11日の定例記者会見で、東京エレクトロンホール宮城(県民会館、仙台市青葉区)の建て替えを巡り、「2000席規模の施設が県内に複数あっていいとの声もある」と述べた。仙台市が整備を検討する音楽ホールと同程度の規模を、選択肢として排除しない意向を示した。 村井知事は県と市の財政負担を考慮し、整備する施設規模の重複を避ける従来の考えを説明しつつ、「芸術イベントが同時に開催されれば、施設が足りなくなるとの意見がある」と指摘。年明け以降に有識者の検討委員会を設置し、市とも協議する考えを示...

【動画】山本耕史の演出で再び!ミュージカル『メンフィス』公開ゲネプロ

| 2017年12月12日
2017年12月17日(日)まで東京・新国立劇場 中劇場にて上演されているミュージカル『メンフィス』。その公演の模様を、公開ゲネプロより一部お届けいたします。今回は、主演の山本耕史による演出で、約2年ぶりに再演されています。陽気なDJを体現する山本、そして、ヒロイン役の濱田めぐみによる圧巻... ...

和太鼓エンターテイメントDRUM TAO『ドラムロック 疾風』超進化を遂げた凱旋公演をスタート!

| 2017年12月12日
2017年12月6日(水)に最新作DVD『ドラムロック 疾風』でメジャーDVDデビューした和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」。ロックをテーマに掲げた本作で、国内外で公演を行ってきた彼らが、超進化を遂げ、アーティスト総出演で行う凱旋公演を12月7日(木)に熊本・熊... ...

近藤良平、首藤康之、長塚圭史、松たか子による『かがみのかなたはたなかのなかに』新国立劇場 小劇場で上演中!

| 2017年12月12日
 コンドルズを主宰する近藤良平と、バレエダンサー首藤康之、原作・演出に出演も兼ねる長塚圭史、そして松たか子の4人による舞台が、12月5日に、新国立劇場 小劇場で開幕した。(24日まで)この作品は、2015年7月に上演され、大好評を博した「鏡」をモチーフにした芝居。合...

日本写真映像専門学校の学生とステージタイガーがコラボ舞台「めいめい」2月3日、4日に近鉄アート館で上演

| 2017年12月12日
デザイン:勝山修平 写真:根岸正和 公演チラシより   日本写真映像専門学校 舞台製作コースの学生と劇団ステージタイガーが合同で制作し、卒業公演「めいめい」が2月3日、4日に近鉄アート館にて上演される。   日本写真映像20...

『錆色のアーマ』DVD12月13日発売!佐藤大樹&神里優希によるお渡し会も

| 2017年12月12日
佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と増田俊樹がW主演を務めた『錆色のアーマ』のDVDが、いよいよ発売となる。それを記念して、2017年12月13日(水)に東京・アニメイト渋谷店に孫一役を演じた佐藤と、アゲハ役を演じた神里優希が来店し、「お渡し会」を開催することが決定した。お渡し会... ...

「ライトエッチ・ヘビーラブコメ」がモットー! チョコキャスの短編公演「よくあるクリシェは聞きたくない」1月19日からアトリエ第七秘密基地で上演

| 2017年12月12日
チョコレートキャッスル『よくあるクリシェは聞きたくない』   チョコレートキャッスル2018年ワンビル隔月短編公演第1弾『よくあるクリシェは聞きたくない』が1月19日からアトリエ第七秘密基地で上演される。   チョコレー20...

【動画】舞台連動企画!TVドラマ『御茶ノ水ロック』OP映像を公開

| 2017年12月12日
TVドラマ&舞台連動企画の第2弾として、2018年1月10日(水)より放送が開始されるTVドラマ『御茶ノ水ロック』より、OP映像が公開されました。本作では、佐藤流司と染谷俊之が、互いに音楽の道を進みながらすれ違う兄弟役を演じます。また、佐藤扮する弟のライバルバンドは、ボーカルに扮するのは崎... ...