岩手県民会館が改修工事のため休館へ 安全に利用できる施設へ

岩手県民会館(盛岡市内丸)が施設長寿化の改修工事のため、12月2日から長期休館となる。 同館は来年で竣工から45周年を迎える。今回の工事は建物が現行の耐震基準を満たしていないことから、耐震補強を中心に実施。これまで部分的な改修や整備は行ってきたが、長期休館をしての工事は開館以来初めてとなる。 工事期間中は大・中ホール、展示室、会議室、レストランなどの館内施設と駐車場を含め全館が利用できなくなる。工事の内容は建物の柱や壁の補強、機械室などのアスベスト除去、天井の塗り替え、カーペットや照明設備の更新などを ...