鴨義信が立ち上げた劇団ムーチョ・モーヂョ“ゼロ公演”「突破もん!」

劇団☆ムーチョ・モーヂョ「突破もん!」が、10月24日から29日まで東京・SPACE雑遊で上演される。…(続きはURLから!↓)
http://natalie.mu/stage/news/252879

Latest

舞台でしかできない魅力の詰まった砂の世界を!舞台『クジラの子らは砂上に歌う』有澤樟太郎・赤澤燈・伊崎龍次郎 インタビュー

| 2018年1月22日
生きることの意味を問いかける壮大なファンタジーとして絶大な支持を集めている梅田阿比の同名漫画を原作とした舞台『クジラの子らは砂上に歌う』が、待望の再演を果たす。1月25日~28日は東京・AiiA 2.5Theater Tokyoにて、2月2日~4日は大阪・サンケイホールブリーゼで...

【動画3分】観客を巻き込み松岡充のマクヒィスが熱く歌う!吉本実憂・峯岸みなみ(AKB48)らが出演の「三文オペラ」1月23日からKAATで開幕!

| 2018年1月22日
「三文オペラ」松岡充・峯岸みなみ(AKB48)   松岡充・吉本実憂・峯岸みなみ等が出演する「三文オペラ」が1月23日からKAAT神奈川芸術劇場で開幕する。   「三文オペラ」はブレヒトの代表的な作品。今回の上演台本・演20...

貧血になりそう!ドSな吸血鬼10人が吸血しまくる舞台『DIABOLIK LOVERS MB』稽古場レポート

| 2018年1月22日
2018年1月24日(水)に開幕する舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』。原作は、ドSなヴァンパイアと主人公・小森ユイの過激な恋愛模様を描いた人気ゲーム作品で、アニメ化もされ多くのファンの心を掴んできた。舞台版は、2015年に初演、2016年には再演され、、待望の第... ...

ナイロン100℃、劇団創立25周年に『百年の秘密』『睾丸(仮題)』の2作を上演

| 2018年1月22日
演出家ケラリーノ•サンドロヴィッチ(KERA)が主宰し、1993年に結成された劇団「ナイロン100℃」が、2018年に25周年を迎えた。これを記念して4月に6年ぶりの再演となる人気作『百年の秘密』、7月に新作『睾丸(仮題)』が上演される。 ナイロン100℃は、日本の小劇場界をリードしてきた... ...

ぴあがアリーナ建設に100億円を投じる狙い

| 2018年1月22日
ライブ会場不足を受け巨額投資に打って出る 横浜市のみなとみらい地区。JR京浜東北線の桜木町駅に近いオフィス・商業街の一角で、昨年12月から大型のコンサート施設の建設が始まった。 チケット販売大手のぴあが、自ら手掛ける「音楽アリーナ」の建設である。土地を三菱地所から借り受け、音楽に特化した地上4階・地下1階建ての施設とする。観客席は1万人規模、投資額は100億円で、2020年春の完成予定だ。 ライブ市場の拡大が追い風に ぴあによると、民間企業が単独で大型アリーナを建設するのは初めて。ほかの施設はス...

宅間孝行がライブ『タクフェス冬のバンド祭り コントもあるよ!!~武道館への道vol.1~』を2月に開催!

| 2018年1月22日
宅間孝行が主宰するタクフェスは、毎回公演のフィナーレに歌って踊ってのライブタイムの時間が付いているが、その劇中歌や音楽を集めた、ライブ『タクフェス冬のバンド祭り コントもあるよ!!~武道館への道vol.1~』を2月に名古屋、東京、大阪で開催することになった。【宅...

ミュージカル『エビータ』オリジナル演出版が7月に待望の初来日!

| 2018年1月22日
強く逞しい女性の象徴、エビータ。貧民街に生まれながらもモデルや女優を経て、アルゼンチン大統領夫人にまで上り詰めた実在の女性エヴァ・ペロン(エビータ)。彼女の33年にわたるドラマティックな生涯がミュージカルとなって誕生したのは40年前。アンドリュー・ロイド=ウ...

演劇の創客について考える/(18)票券管理システムで取扱者別URLを発行出来るのなら、観客にも開放してアフィリエイトすればいい

| 2018年1月21日
●分割掲載です。初めての方は(予告)から順にご覧ください。 新しいジャンルの表現に触れてみたいと思ったとき、私が最も参考にするのは信頼出来る友人知人の推薦です。自分の感性に近いと思える人はわかっていますので、その人が強く […]...

キューブの若手俳優サポーターズクラブC.I.A「春のファン祭り」開催!加藤諒、永田崇人、井阪郁巳らが参加

| 2018年1月21日
2017年12月に発足した芸能事務所キューブに所属する若手俳優のサポーターズクラブ「C.I.A.」が、2018年3月26日(月)に東京・代々木・山野ホールにてイベントを開催することを発表した。 タイトルは、C.I.A. presents「春のファン祭り」。出演者は、「C.I.A.」に所属す... ...

ミュージカル「忍たま乱太郎」第9弾の東京公演千秋楽で「忍ミュ」春のファン感謝祭の開催を発表

| 2018年1月21日
2018年4月から5月にかけて、愛知・京都・兵庫・大阪・新潟・宮城・福島・東京の全8都市で「忍ミュ」春のファン感謝祭2018~素顔の五年生全員集合!の段~が開催されることが決定した。これは、1月21日(日)に東京・東京ドームシティ シアターGロッソにて行われたミュージカル「忍たま乱太郎」第... ...

愛知)クラシック演奏会、赤ちゃんも入れます

| 2018年1月21日
赤ちゃんも一緒に生のオーケストラをどうぞ――。乳幼児のママやパパにもクラシック音楽を親子で楽しんでもらおうと23日、名古屋フィルハーモニー交響楽団(名フィル)による「0歳からの福祉コンサート」が東海市の市芸術劇場の大ホールで開かれる。市と市教育委員会の主催で、障害者約150人も招待する。「みんながみんなを受け入れる」「心のバリアフリー」がコンセプトだ。 クラシックコンサートでは通常、演奏中の音や声はマナー違反とされ、乳幼児が入れない場合がほとんど。音楽が好きでも、子育て中に足が遠のいてしまう人は...

宮城県民会館建て替えと音楽ホール構想 知事と仙台市長やりとりかみ合わず

| 2018年1月21日
宮城県が建て替えを視野に入れる仙台市青葉区の東京エレクトロンホール宮城(県民会館)と仙台市が整備検討中の音楽ホールを巡り、村井嘉浩知事と郡和子市長のかみ合わないやりとりが続いている。単独整備の議論が先行する市に対し、県は財政負担を考慮しながら連携を図りたい考えだが、具体策を示せずにいる。検討状況の進度に差があり、両者の溝は埋まっていない。 <公約に盛り込む> 二つの施設を巡っては、昨年7月の市長選と10月の知事選を契機に議論が加速した。音楽ホールについて、郡市長は「優先順位と手法を再検証して経費...