世田谷区庁舎再建 前川建築の会館保存 レリーフは新庁舎移設

近代建築の巨匠・前川国男(一九〇五〜八六年)の代表作で、保存か建て替えかの論争が起きていた東京都世田谷区本庁舎について、区は二十七日、前川が設計した施設のうち、最も古い区民会館(一九五九年築)を歴史的建造物として保存する方針を決めた。一方で隣接する第一庁舎(六〇年築)と第二庁舎(六九年築)は解体し、跡地に新庁舎を建設する。 六事業者による公募型プロポーザルで、佐藤総合計画の提案を採用した。区は、これをもとに二〇二〇年の着工を目指す。戦後の洋画壇をリードした大沢昌助(しょうすけ)がデザインした第一庁舎ロ ...