河津町の複合施設建設問題 主な論点

相馬宏行河津町長に対する解職請求(リコール)の賛否を問う住民投票は19日、期日前投票が始まった。リコールの主因は子育て支援センターや文化ホールなどが入り、津波避難場所としての防災機能を持つ町の複合施設建設計画。請求者の住民グループと町の主張を基に、主な論点を整理した。 ■建設関連費 住民グループは町の説明が当初の9億円から17億円以上に膨れ上がり、補助金は一部でほとんどが借金と町の資金で賄われると主張。少子高齢化、人口減少が進む中、負担は大きいと訴える。 町は、9億円は基本計画に基づく概算。実施設計で ...