熊本城ホール 指定管理料『0円』で公募へ

熊本市は13日、建設中の熊本城ホールの運営について指定管理料を『0円』として指定管理者を公募する方針を明らかにしました。指定管理料は市が指定管理者に支払う委託料です。市議会の経済委員会で市執行部は『指定管理料0円』の根拠として、同ホールの年間収支の試算を説明。収入が約6億4000万円、支出が約6億4000万円で収支均衡が図られるとしました。指定管理期間は2019年4月1日からの5年間、開業日は2019年12月1日です。市は今議会にホールの使用料などを定めた設置条例案を提出していて、可決されれば来月にも ...