【「人間風車」連載(3)】成河×ミムラ×加藤諒×河原雅彦座談会「今一番ヒリヒリした表現を」

チケット情報はこちら

キャスト一新、河原雅彦さん演出で14年ぶりに上演される、PARCO&CUBE 20th.present『人間風車』

NL0_4018.jpg

そんな本作について、演出家の河原さん、出演者の成河さん、ミムラさん、加藤 諒さんの座談会を3回に渡ってお送りしましたが、今回が最終回。最後までぜひご覧ください!

★連載第1弾第2弾 ※概要やあらすじは、連載第1弾をご覧ください。

NL1_9075.jpg

――絵本の話題で河原さんが「前に上演したときと時代が違う」っていうお話をされてましたけど、今この作品を上演するということはどういう風に捉えられてますか?
河原 やってみないとわからないですけど、そういう目でこれから読み直したりするところに、突破口はあるかもしれないなと思います。だってあんなこと書いてる童話作家、ほんとにだめじゃないですか(笑)。でも平川は本当にそれが「いい」と思って書いてる人ですからね。視点を変えれば気味が悪いですよ。

でもなんかその今日、ミムラさん初めてお会いして、いろいろお話が聞けたり僕的になにかと有意義な対談でした。(成河さんは)新しいものをこのカンパニーで生み出そう、という思考の人だから心強いし。諒はフライングがあるから(笑)。楽しんでやりたいと思います。


――それぞれ意気込みとお客様にメッセージをお願いします。
加藤 すごい方がたくさん出演されるので、稽古前からしっかり準備してないと絶対置いてけぼりになっちゃうと思うんです。置いてけぼりにあわないように、食らいついていけるように、しっかり準備して、いっぱい稽古して、本番迎えたいと思います。がんばりますので、ぜひみなさん見に来てください!
ミムラ 私はまだ舞台が2回目で。1回目(『スタンド・バイ・ユー ~家庭内再婚~』)をやったとき、本当に楽しかったので、次いつやれるだろうと思っていたら、今回こうやって出演が叶ってとても嬉しいです。でも実は1回目のときに、、稽古中に怪我をしてしまったんです。それが悔しくて。成河さんとかフィジカルの面での高い評判を聞くにつれ、身体の持ってる説得力に憧れています。なので、今回は怪我しないことと、身体の持つ説得力を前回よりも出せるようにしたいというのが個人的な課題です。あとは皆さんおっしゃられているように、現場で出来てくるものを大事にしたいです。よろしくお願いします。
河原 またまたイケてるコメントだ。
成河 面白いですね。今日、メイクを隣でやってたのですが、(ミムラさんと)メイクさんとのお喋りが止まらなくて、その20分位でミムラさんことがけっこうわかったんですけど(笑)。ギャップがすごくありますよね、映像で観ていたミムラさんとは。そのギャップがすごく面白い。

NL1_9033.jpg


――では成河さん、意気込みを。
成河 ファンの方もたくさんいらっしゃる作品だと思うんですけど、真骨頂が残虐さというかね、人間の観たくない部分ということだと思うんです。僕たちにとって本当に見たくないものの、見たくない表現っていうのが多分これまでとは違うと思うので、今、一番ヒリヒリした表現の方法をきちんと提示できると、この作品のファンの方たちにもきっとそれは伝わるだろうなと思います。そこをみんなで探すのが楽しみですね。
河原 こうやって取材で3人とお話しさせてもらって、大丈夫そうじゃないですか、この感じ。文面で伝わりづらいかもしれないけど(笑)。ほかにも面白い人、いい俳優さんも多数いるので、大丈夫だと思います。割と若い人たち多いですし、どんな新しい『人間風車』になるかっていうのも楽しみにしていただいて。どうなるかまだわからないですけど、ま、がんばります。ちょっとやってみます(笑)。

ningen_josen_(軽).jpg
『人間風車』は、9月28日(木)から10月9日(祝)まで、東京芸術劇場プレイハウス、大阪、ほか各地公演予定。

チケット情報はこちら