「六本木アートナイト2017」プログラム発表

FUKAIPRODUCE羽衣ほかが参戦 『六本木アートナイト2017』プログラム発表

六本木の街を舞台にしたアートの饗宴『六本木アートナイト2017』のプログラムが発表となった。今回は、アジアを中心に世界中から彩り豊かなアートやパフォーマンスが集まり、新しくクリエイティブな「未来ノマツリ」を目指す。日時は9月30日(土)~10月1日(日)。最も催事が集積するのは「30日の日没からから翌朝の日の出まで」と、夜通し盛り上がる催事だ。

関連リンク⇒六本木アートナイト2017 プレスリリース(PDF)

同催事は2009年にスタート。現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街なかに点在させ、非日常的な一夜限りの体験をつくり出している。今回、パフォーミングアートの分野からは、 黒田育世氏(振付家・ダンサー)や、「On7(オンナナ)」、「スイッチ総研」、「FUKAIPRODUCE羽衣」ほかが参加する。

2015年の開催では、旗揚げしたばかり「スイッチ総研」が、キャスト総勢96人で24時間のロングランを達成。東京を代表するアートの祭典から、今年はどのような「未来ノマツリ」が新しく出現するか、期待したい。

【あわせて読みたい!】

商店街

密着レポート「スイッチ総研」@六本木アートナイト(15.06/29)

スイッチ

公募企画「六本木アートナイト2015 オープン・コール・プロジェクト」公開審査レポート(15.01/28)

「六本木アートナイト2017」プログラム発表制作ニュースで公開された投稿です。