巨大緞帳、仕上げ作業を公開 オリエンタルカーペット、鶴岡の新文化会館用に

じゅうたんメーカー・オリエンタルカーペット(山辺町、渡辺博明社長)は25日、鶴岡市の新文化会館の本緞帳(どんちょう)の表面仕上げ作業を報道陣に公開した。専用の電動機械を使って表面の毛を刈りそろえる作業で、幅20メートル、高さ9.5メートルの巨大な緞帳が着々と完成に向かっている。 社内では大きすぎて広げられないため、同町の協力を得て旧山辺中体育館で作業を行っている。日本画家千住博さんの滝をモチーフにした作品「水神」のデザインを75色で表現する。職人たちが電動機械を動かし、毛足が10ミリになるように何度も ...