「2017年に一番劇場が震えるのはこの公演です」――4年ぶりに世界最高峰の歌声がやってくる!『4Stars2017』城田優インタビュー

チケット情報はこちら

世界で活躍する最強のミュージカルスターが、ここ日本の地で、ミュージカルの素晴らしさを存分に歌い上げる奇跡のコンサート『4Stars 2017』が12月に上演されます!

2013年に開催された『4Stars』初回は、『ミス・サイゴン』のヒロイン・キム役のオリジナルキャストであるレア・サロンガ、『オペラ座の怪人』のファントム&クリスティーヌとして人気を博し、その続編『ラブ・ネバー・ダイズ』ではファントム&クリスティーヌ役のオリジナルキャストを務めたラミン・カリムルーシエラ・ボーゲス、そして日本が誇るスター・城田優の4名が集結して、世界レベルの歌声を響かせ、熱狂のステージとなりました。

その『4Stars』が4年ぶりに登場!

第2弾となる今回は、前回に引き続き城田優ラミン・カリムルーシエラ・ボーゲス、そして新たに『天使にラブ・ソングを...(SISTER ACT)』のロンドン公演で主人公デロリス役のオリジナルキャストを務め、2013年にはブロードウェイ公演『ピピン』のリーディング・プレイヤー役でトニー賞最優秀女優賞を受賞したパティーナ・ミラーが参加!
新しい『4Stars』がやってきます。

この公演に並々ならぬ意気込みを持つ城田優さんに、お話を伺ってきました。

城田優 INTERVIEW

4Stars2017_1_027.JPG
●4年ぶりの「4Stars」が始動!


―― 4年ぶりの『4Stars』ですね。前回の公演、とても素晴らしかった思い出があります。今回の第2弾については、どなたかが「またやりたい」と仰ったんでしょうか?

「(手を上げて)はい! 僕が言いました!!」


―― おぉ、素敵です! ではまず、第1回目だった2013年公演をちょっと振り返って...。日本でこのメンバーの共演を観られるなんて、と思う最強の3人の海外スターとご一緒でしたが、城田さんは初日前の囲み会見で「緊張して泣きそう」と仰っていましたね。

「そうなんです、あまりの恐怖と感動で泣きました、本番直前に。稽古の時は「なんとかなるかな」と思っていたのですが、いざ本番直前、場あたりやゲネプロになったら、みんなの、それまでのリラックス状態からの爆発力がハンパじゃなくて、怖くなっちゃって! さらに、衣裳をつけてライトを浴びて、マイクを通して聴こえる3人の声があまりにも感動的で。感動と恐怖という相反する感情が混ざったら、涙になっていましたね。脳内がパニクってました」


―― その恐怖を超えて、本番はどんな心境でしたか。

「実際に僕、本当にゲネプロで5回くらい歌詞も飛んで、1曲の中で2度飛んじゃうくらいだった。ヤバイヤバイどうしよう、ってなってたんですが、みんなシリアスに受け止めるでもなく「どうしたの(笑)」「優、何言ってるの、大丈夫だよ」って励ましてくれた。これは僕、色々なところで言ってるのですが、レアがそこで言ったのが「Yu, you watch my eyes, you are fine(私の目を見なさい、それで大丈夫だから)」。カッコいいでしょう(笑)! そんなこと、言えますか普通! ......で、僕、実際舞台の上で緊張したら、そうした(レアの目を見た)んです。そうしたら、初日から千秋楽まで、一度も歌詞を間違えることなく終わりました!! すごいでしょう(笑)。でもそれは紛れもなく、レア、ラミン、シエラが僕に勇気をくれたおかげなんです」


―― そんな経験があって、またやりたいと。

前回、とにかく楽しかったし、自分にとってはすべてが勉強になった。彼らのメンタルの強さや自分をコントロールする力というものは、僕に足りない要素だったから、結果的に自分がすごく成長できました。やっぱり、速い人と走ると自分も速くなる...みたいなもので、世界のトップの人たちと一緒にやることで、自分のレベルも格段に上がるんです。何よりみんな温かくて、しかも日本が大好きで、実は前回の公演が終わった瞬間からみんなで「またやりたい!」と言っていたんです
4Stars2017_1_036.JPG

―― 全員が言っていた、というのは素敵ですね!

「それに、このメンバーで、この日本でショーが出来るということの素晴らしさは、誰よりも僕が実感しています。で、去年の春か夏かな? そのあたりで「4Starsをまたやりたいんだ」って言ったら、梅芸さんも考えていたところだったようで、結構円滑にこの第2弾が決まりました」

―― もう少し前回の話を。第1弾はどんな作品だったか、改めて城田さんの口からお願いします。

「2013年の『4Stars』は、いわゆる "ブロードウェイのスターたちが日本にやってきて、ブロードウェイのビッグナンバーを歌う" というショーでした。その中に僕らの個性を出してはいるのですが、基本的には "レア・サロンガがブロードウェイやウエストエンドで出演した作品のナンバーを歌う" "シエラが、ラミンが今までに歌ってきた人気作品のナンバーを歌う" "そこに他のメンバーが加わってコラボする" という、誰が見ても間違いない、一番王道な形のショー。歌声も表現力も圧倒的なものをもっている、世界トップレベルの3人プラス、日本代表の僕、この4人でやるショーでした」


―― 特に心に残ってる曲やシーンありますか?

「...やっぱり、『ウエスト・サイド・ストーリー』の『サムウェア』のハーモニーは忘れられません。最後の♪Somehow, Some day, Somewhere! のハモりは、ほかのところでは経験したことのない四声で、劇場がビリビリ鳴ってました。あの時の拍手の大きさも忘れられないし、ひとりひとりのエネルギーがすごかった。圧倒的な3人の声、そこに自分の声も加わって"世界の声"になったかなと思っています
4Stars2017_1_008.JPG

●今回のテーマは「JOURNEY(旅)」


―― そして今回、新しい『4Stars』が誕生しますが、どんなものになりそうでしょうか?

「まず、前回の『4Stars』で完成された僕らの関係性、4人が会った時にビリビリっとなった化学反応が、僕らの頭の中、心の中に残っているので、それをさらに深めていきたいです。そこにパティーナが入ることで新たに変化する部分も含め。さらに、前回のようにただただビッグナンバーをやっていくのではなく、物語としてショーを成立させたいと考えています。前回は(基本は)ブロードウェイ・ミュージカルに限っていたのですが、いま日本で愛されているウィーン・ミュージカルやフレンチ・ミュージカルなども盛り込み、英語以外の言語も出てくるかもしれません。そんな色々な世界中のミュージカルを凝縮させた、メッセージをちゃんともったもので、全体でひとつのストーリーとして成立させてみせる、そんなショーにしたいと話しています」


―― また新しいショーになりますね! 演出も新しくサラナ・ラパインさんが担当されますが、すでにお話されているんでしょうか。

「4月に一度NYに行って、ミーティングをしてきました。どういうことをやりたい、どんな曲を歌いたい等々、色々話をし、それをベースに色々なことを考えてくださって土台が出来つつある、という状態です。僕とラミンは、演出がサラナに決まる前からずっと、今度の4Starsはどんなものにしたいかを話していて、やっぱり前回の『4Stars』を上回る公演にしなきゃいけない、ってことは強く思っているんです。前回、ビッグナンバーを揃えてドカンドカン花火を打ち上げて、あれだけの感動を観た方に与えたショーになった。ほぼ同じメンバーでそれを超えるものにするには、質の高いものにしなくてはいけない、ストーリー性のあるものをやっていかなきゃいけないよね、って」


―― 具体的にサラナさんに話した、城田さんの希望は?

「色々話したんですが、例えてあげると「スペイン語の曲を歌いたいんだ」とか。4人がそれぞれ、自分が一番輝けるナンバーを歌うべきだと思うし、自分のアイデンティティを100パーセント活かせるものをやりたい。前回もそういうパートがあって、それがすごく好評だったので、ああいうことはやりたいと言いました。そんな話をしまして、つい先ほど「今回のテーマはJOURNEY..."旅"にする」と聞きました! 4つの個が旅をして、出会い、吸収をしあって、色が混ざり、それぞれHOMEに戻る......というのが主軸のテーマになるそうです」


―― その"JOURNEY"というテーマは、城田さんのなかでしっくりくる言葉ですか?

「はい! もともとラミンとも話していた「全体を通して物語になるようにしたい」ということと、「それぞれの"個"を活かしたい」ということを汲み取ってくれて、このテーマになったんだなと嬉しかったですね。誤解をおそれずに言うと......前回やったような、ビッグナンバーを次々とやって「凄いでしょ!」って見せるショーは、正直、力のある人が揃えば誰でも出来るんです。そうじゃなくて、僕、ラミン、シエラ、パティーナという4人だからこその物語が描かれるんじゃないかなと、楽しみにしてます。まだテーマが決まったところで、実際どんな風になっていくかわからないですが、今僕がこう冷静に喋れているのは、やっぱり前回の『4Stars』を経験したからこそで、このメンバーだったらよっぽどのことがない限り、失敗はしないという "根拠のない自信" があるから(笑)。そもそも、世界で一番強い攻撃力と防御力を兼ね備えた人たちで、どんなやつに襲い掛かってこられたとしても、余裕でなぎ倒していける力を持ってるんですよ。僕はもしかしたら彼らに比べたら、多少鋭さ、盾の防御力は劣るかもしれないけれど、一緒にいることで、同じように「俺もいける」というマインドになってるんです」
058.JPG

―― 初日前に「泣きそう」と仰っていた2013年の公演のときからくらべると、城田さんの心境もずいぶん変わってきてる?

「多少は自信もついてますし、経験値も圧倒的に上がってますからね! 『4Stars』が終わって、『ロミオ&ジュリエット』の再演で、ロミオとティボルトの2役をやるという経験をし、次の年に『ファントム』で初めて単独主演。そのあと『エリザベート』で5年ぶりにトートをやって、翌年にも再演。同時に地球ゴージャスで、初めてシングルキャストで60数公演出た。色々と、それまでの自分を超える経験をしています。加えて、ディズニーコンサート、岩谷時子コンサート、『Golden Songs』コンサートといった、様々なコンサートにも出演させてもらっています。ラミンたちに比べたらワールドワイドなでっかい活躍ではありませんが、日本の中で出来ることはやっているつもりですし、残りの5ヵ月、出来る限りの努力もします。自分の中では限界を超えて成長していくしかないと思ってます。僕、Mではないですが、こういう作品に携わるときには「ドM」になれる(笑)。ドラゴンボールのサイヤ人みたいなもので、瀕死状態になってさらに強くなる! ......みたいなヤツです。ボコボコにされてから、「うおりゃー!」って強くなれると思ってるので、スーパーサイヤ人になりたいと思いますっ(笑)!」


―― 日本代表、頼もしいです(笑)! 歌われる楽曲もすでに少しずつ決定しているとか。

「はい。僕としても「うおぉぉぉ、楽しみだー!」となっています。先ほどもちょっと話しましたが、前回は、ザ・ビッグ・ミュージカルの『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『オペラ座の怪人』といった、彼らの代名詞のようなナンバーが多かったですが、今回はもっと日本人の耳になじみのある......例えば『エリザベート』『ロミオ&ジュリエット』といったナンバーも歌います。(ブロードウェイ、ウエストエンドに限らず)世界で歌われている歌を彼らにも歌ってもらおうと。他にはパティーナが入るということから、彼女が出演した『ピピン』からのナンバーも決まっていますし、あとはちょうど、メインキャストが4人である『CHESS』の楽曲も、僕らも4人だからその構成を上手く活かせるんじゃないかな、とか。具体的なナンバーが決まってきて、ワクワクがどんどん広がっています!」


―― ところで城田さんとラミンの2ショットのポスターもすごくいい雰囲気ですね。

「ラミンは本当に仲良くしてくれていて、もう、(前回の公演後に)何回会ってるんだろうって感じ。彼が日本に来るたびに会ってるし、僕がNYに行くたびに会ってる(笑)。撮影も友だち同士、って雰囲気で出来ました。ラミンとは、サラナが演出家に決まる前から、そしてシエラ、パティーナのふたりの参加が決まる前から何度も『4Stars 2017』についてディスカッションを重ねてきて、ツーカーでやってきています。ショーの見せ方や、これは微妙だよね、これはいいよねといったことはいっぱい話してきていますので、積極的に発言していきたい。もはやサラナひとりが演出家ということではない。もしかしたらラミンと僕の意見が分かれることもあるかもしれないけれど、それだけみんな、演者としてももちろん、クリエイターとして、エンタテイナーとしてこの作品に臨んでいるんです


―― 先ほど、2013年と比べて城田さんの心持ちがずいぶん変わってる...というお話をしましたが、ラミンからは「優、変わったね」といったようなことを言われたりしますか?

「全然(笑)! 僕、ひととしては根本的には一切変わってないので。仕事に対する取り組み方、スタンスが変わった...変えようとしてるというだけですから。彼らにひっぱられて、「なんてことないよ!」というマインド...沖縄弁だと「なんくるないさー」、スペイン語だと「ケ・セラ・セラ」という言葉を強く信じて、プレッシャーを感じすぎないことを心がけてます。
具体例をあげると、僕は本番前にいつもストレッチと発声をずっとやっていたんですが、最近はあまりやらなくなりました。彼らもあまりやらないんです。本番直前になっていきなり楽屋から「♪~~!」って(発声してる)声が聞こえてくる(笑)。それで「あ、オッケー。いける!」となって、パッと出ていくんですよ。それを見習って、僕も朝、劇場入りしてシャワー浴びながら、自分がタッチする一番高いキーまで発声したら、そこからは声出しは一切しない。ストレッチも、体幹もやらない。ラジオ体操をしたりはしますが、それは共演のみんなとコミュニケーションをとるため。いい意味で"適当"にするようになりました。彼らは常にニュートラルで、本番前と、本番中が変わらないんです。「本番頑張ろう!」と思うと、舞台袖で「あぁどうしよう、どうしよう」と自分を追い詰めることになっちゃう、ということを彼らから学びました。だから袖にいるときから楽しめるように、自分がフラットな状態でいられるように、ということを、その後の日本での出演作品でも心がけています」
4Stars2017_1_010.JPG

●共演の3人について


―― 共演者の魅力もお伺いしたいです。

「パティーナは、まだお会いしたことがないのですが......ブロードウェイで『ピピン』を観て、この人、圧倒的に上手い! と思ったのが彼女だった、ということはまず申し上げておきます! 観たあとにシエラに「リーディング・プレイヤー役の女性が凄かった!」って言ったのが彼女でした。シエラに「パティーナでしょ、彼女は素晴らしいわよ、私の友だちなの」と返されたことも覚えています。
シエラとラミンは『ラブ・ネバー・ダイズ』で共演していたり、『オペラ座の怪人』25周年コンサートにも一緒に出演していたりしていて、もともと仲が良い。で、僕との関係性で言いますと、ラミンとは、初めて会った日から、音楽の趣味とか共通するところがあって。彼も自分の音楽を作る人なので「一緒に曲を作ろうぜ!」というところから始まって、すぐ話が盛り上がりました。歳は彼の方が少し上なんですが「ブラザー」と呼んでくれています。家族もお互い紹介しあっているレベル(笑)。彼と僕は一番、この『4Stars 2017』に対して、思い入れや熱が高いと思ってます。
シエラは自然が大好きで動物が大好きで、僕も「Love&Peace」という言葉が人生のモットーなので、僕と似てるところがたくさんあるんですが、圧倒的にポジティブ。前回の『4Stars』の稽古中に、一番マンツーマンで話をしたのが彼女です。彼女は優しくて、人間性がとても素晴らしい人。とにかく素晴らしいオーラに包まれている優しい人です。でもあれだけ綺麗なのに、見た目によらずお茶目でチャーミングで、すごくふざける(笑)。だから稽古中から良いコミュニケーションがとれて、それが本番にいい感じで表れたんだと思います。
シエラ、ラミンは、4Starsの中でも歳も近いし距離も近かったふたりなので、またこのふたりとさらに距離を縮められるというのはすごく嬉しい。そこに自分が「すげえ!」と思ったパティーナがさらに入る。この4人の化学反応がどうなるんだろう、レアがいたときとはまた違う楽しみが今あります。心配があるとしたら、パティーナの好みがわからないから、日本に来たときにどうおもてなししようかってことくらい(笑)。もうラミンとシエラについては余裕で(好みが)わかってるんで! シエラはベジタリアンなので、お肉とかじゃないお店。ラミンは身体を鍛えているので、ジムに連れていく(笑)!」
4Stars2017_1_048.JPG

―― そこはバッチリですね(笑)。それにしても、いわゆるショーケース的なミュージカルコンサートだと思っていましたが、かなり本気度の高い、ひとつの作品になりそうです。

「はい、これはひとつのコンサートではなく、僕たちが作る "作品" なので。しかも先ほど言ったように、前回の『4Stars』が、これ以上にないくらいのお祭りだった。一番有名な作品から一番有名な曲たちを、一番有名な人たちがやるという。これ以上のヒットメドレーはありえないというところから始まってしまいましたので、今回それを超えるには、見た目じゃない深さで勝負しなきゃいけないから、よりエネルギーが必要。お客さまにメッセージを伝えなきゃいけないし、でも英語だし...問題は山積みですが、そこをクリアして、日本でしか味わえない世界の最高のエンタテインメントを作って、12月には皆さまの目で、耳で、肌で、それを感じていただけるようになってると思います!」


―― 今回もお稽古はNYですか。

「はい。もちろん事前に僕は日本である程度のレッスンはしますが。本格的に4人で会うのはNYです。僕は1ヵ月みっちり稽古期間をとっています。前回、着いた次の日からすぐ稽古で、時差の問題もあり万全の状態で稽古初日を迎えられなかったんですよ。そういったこともあるので、事前に先に行って、準備をしておきたいなと」


―― 1ヵ月稽古期間があるって素敵ですね。

「最高ですよね、仕事で1ヵ月NYって(笑)。これ、普通のミュージカルコンサートだったら、数日間のリハーサルで、本番をやりますよ。だから正直、そこまで深いものは作れない。でも、ここまでちゃんとみっちり、みんなで時間を共有してやっていくことが、ショーを成功させる秘訣だと思っています。1ヵ月のあいだでどれだけ僕らが楽しい時間を過ごせるかで、ショーの良し悪しが半分決まる。実際、前回もそうでした。みんなで食事したり、ずっと会話したり出来たからこそ、ショーの途中でちょっと遊び心のあるアイコンタンタクトをしたり、そうやってお互いに信頼しあうことが出来た。個を深めていくには、それぞれの個を知る必要があるので、NYでそれをしていきたいと思ってますし、たぶんサラナもそう思ってくれてると思う。僕たちのリレーションを深く太く繋いでいくという作業をNYでして、満を持して日本に帰ってきて、最高のパフォーマンスをお見せします!
4Stars2017_1_030.JPG

●そんな城田優の夢とは...


―― 時に、これだけブロードウェイの皆さんと人脈も広がると、ブロードウェイ進出を誘われませんか?

「...ラミンとかレアとかシエラとかは「やればいいじゃん」て言ってます。俺が「いやいや出来ないよ!」と言うと「何言ってるの!」と返してくれてはいるのですが......。やっぱり、言い訳かもしれませんが、言葉の壁がありますよね。日本語でやっていいなら楽なんですけど。ブロードウェイで英語でやるってなったら、ガッチガチ(の緊張)ですよ。僕、英語は独学ですし。歌だけじゃなくセリフも入ってきちゃうとね......。だから渡辺謙さんとか米倉涼子さんとか尊敬します。俺は緊張で死んじゃう(笑)!」


―― でも前回、シエラが「優の英語はすごい、優が一番ジョークも飛ばして、場を和ましてくれてた」って仰ってましたよ。

「それは日本だから、俺のホームだから(笑)。でもまあ、今までもそう(無理だと)言ってましたが、やっぱり人生一度きりですし、もちろん機会があれば、タイミングが合えば、向こうの作品にも出て......いきたいと......思っては......います......。......、正直、思っていないけど(笑)」


―― どういうことでしょう(笑)。

やった方が自分の価値があがるし、そうすると日本のミュージカルを変えられる。...今はまだ「お前はどうなんだ」って言われちゃいますが、でも実際に俺がブロードウェイに立って、完璧な英語で完璧な歌で賞賛されたら、日本のミュージカル関係者も認めてくれるでしょ(笑)? そういう意味でやった方がいい。でも俺の心が持つかな、という(笑)。でもね、本当に俺がそれを出来たら、日本のミュージカルもいよいよ変わると思います。本当に俺、日本のミュージカルを世界レベルに出来ればいいなと思うんです。そういう意味で、俺が4Starsのメンバー同様、世界で活躍できるミュージカル俳優になった方がいいとは思っています。最近は僕、海外志向が強くなってきてるので、いつかはあるかもしれません。僕の努力次第だと思うんですが」


―― 日本ミュージカル界のためにと思ってくださってるのが、いちミュージカルファンとして嬉しく、心強いです!

「がががが、がんばりまーす(笑)。でもホントに自分のためじゃないです、やるなら日本ミュージカル界のためだけです」


―― ちなみにブロードウェイに出ることが自分の夢ではないとのことですが、城田さんの夢とは。

「夢は、日本でオリジナルミュージカルを作って、それをブロードウェイでやらせることですね。僕がやる(出演する)のではなく、僕はあくまでも演出家や、脚本家としてです。いま実際に作り始めてはいるのですが、本当に "オリジナル" で "ミュージカルを作る" ということの難しさを体感しています。SFにしたりすれば、面白くも出来るのですが、やるからには現実の物語に音楽を取り入れて......『ラ・ラ・ランド』ではないですが、ああいった、現実にありうる物語でミュージカルを作りたい。そうすると「あれ、あの作品に似てる」「今度はあっちの作品に似てきた」ってなって、なかなか進まないんですが(苦笑)。でも日本発のミュージカルがブロードウェイで上演される、そこを僕が音楽を書いて、脚本を書いて、演出もして......というのが、夢です! もちろん遠い、大きな夢ですが、語っていかないと夢は叶わないし、自分が動けないので、どんどん言っていこうと思ってます。それがいよいよ最近、自分の中で「言うだけじゃなくてやろう」ってなってきていますので、頑張ります。......そこに(4Starsの)彼らにも出てもらって、トニー賞も獲っちゃいましょうか(笑)!!」


―― 楽しみです! 期待しています。最後に改めて、『4Stars 2017』意気込みをお願いします。

2017年に一番劇場が震えるのは『4Stars 2017』です。4人の歌声が反響しまくって、国際フォーラムがぶっ壊れるかもしれません(笑)。言えば言うほど嘘臭くなっちゃうんですが、本当に観なきゃ損だし、二度と観られないものになります。もちろん『4Stars』シリーズは続けていきたいと俺は思っているけど、でもこの『4Stars』は今しか観られない。そもそも次に誰が出るかもわからない、俺がいないかもしれないしね。俺はプロデューサーで入って舞台にも出ないかも(笑)。何がいつどうなるかわからないこの世界の中で、これを見ないのは損だと思います。...今のが見出しですかね(笑)」

4Stars2017_1_017.JPG

取材・文:平野祥恵(ぴあ)
撮影:源賀津己


【関連リンク】
城田優が世界を代表するミュージカルスターと共演!『4Stars』開幕(2013年記事)

【公演情報】
12月14日(木)~17日(日) 梅田芸術劇場メインホール(大阪)
12月20日(水)~28日(木) 東京国際フォーラム ホールC(東京)

チケット情報はこちら