当初設計案を推進 和歌山市民会館で市長

和歌山市の尾花正啓市長は18日の定例記者会見で、新市民会館小ホールの基本設計案に対し文化団体から見直しを求める意見が出ていることにふれ、「スピーカーが使えないとか、全く演劇ができないなど、ちょっと誤解もあったのかなと思う」と述べ、設計案通りに整備を進める考えを示した。 小ホールをめぐっては、6月に市議会経済文教委員会が関連予算を含む本年度一般会計補正予算案を可決。付帯決議で市民や各団体の意見を………(続きはURLから!↓)
http://d.hatena.ne.jp/stnet/20170819/1503218696

Latest

笑いと恐怖、戦慄を呼ぶ後藤ひろひとの傑作『人間風車』間もなく開幕! 加藤 諒・松田 凌インタビュー

| 2017年9月20日
売れない童話作家・平川がやっとつかんだチャンス、しかしそこには卑劣な罠が仕掛けられていた。どん底まで叩き落された作家が起こす、身悶えするような戦慄の出来事──。後藤ひろひとが1997年に書き下ろした傑作戯曲『人間風車』は、2000年と2003年にパルコ劇場版として上...

堺市 芸文ホールの太陽光発電事業者を募集

| 2017年9月20日
堺市は、2019年2月に竣工予定の堺市民芸術文化ホールの「屋根貸し」による太陽光発電事業を行う事業者を公募型プロポーザルで募集する。提案書を9月29日〜10月13日に受け付け?...

河津町の複合施設建設問題 主な論点

| 2017年9月20日
相馬宏行河津町長に対する解職請求(リコール)の賛否を問う住民投票は19日、期日前投票が始まった。リコールの主因は子育て支援センターや文化ホールなどが入り、津波避難場所?...

さいたまゴールド・シアター6年ぶりの新作公演 岩松了作・演出『薄い桃色のかたまり』稽古場レポート&キャストインタビュー

| 2017年9月20日
彩の国さいたま芸術劇場を拠点に、国内はもとよりパリ、香港など海外でも積極的に公演を行ってきた高齢者演劇集団「さいたまゴールド・シアター」。 故・蜷川幸雄が2006年にこの劇場の芸術監督就任したとき、第一に取り組むべき事業として立ち上げた劇団で、第1回公演の岩松...

不思議な体験。森山直太朗ファンも、演劇ファンも必見。新しいライブのカタチ!舞台『あの城』観劇レビュー

| 2017年9月19日
森山直太朗劇場公演『あの城』森山直太朗 写真:杉能信介   不思議な体験。森山直太朗ファンも、演劇ファンも必見の新しいライブのカタチ! 舞台『あの城』観劇レビュー   森山直太朗劇場公演『あの城』を本多劇場で観劇しました20...

時間と空間を超えて登場人物の性と、演じる役者の性がクロスする衝撃作!『クラウドナイン』12月に上演!

| 2017年9月19日
演出家・女優として活躍中の木野花が、29年ぶりに挑む衝撃作『クラウドナイン』が、「大人計画」のモチロンプロデュースにより、12月1日より東京芸術劇場シアターイーストにて上演される。本作品は、フェミニズム演劇の旗手として知られるイギリスの劇作家、キャリル・チャー...