帰ってきたサントリーホールは、話題満載だ

改修工事後の企画には工夫がいっぱい 開館30年を機に、パイプオルガンのメンテナンス等を含む大規模な改修工事を行っていたサントリーホールが、来る9月1日(金)にリニューアルオープンを迎える。「Reオープニング・コンサート」と名付けられたこの日のプログラムはロッシーニ(1792〜1868)の「ミサ・ソレニムス」だ。 「荘厳ミサ曲」とも呼ばれるこの作品は、自身の室内楽作品である「小荘厳ミサ曲」を管弦楽用に編曲したロッシーニ晩年の大作だ。2台のピアノとハルモニウム(リードオルガン)、そして12人の歌手のために ...