■ルグリ・ガラ/変化するボリショイ・バレエ。「私たち世代は幸せ」

さて、前回はスミルノワ・チュージンのお二人にルグリについて語って頂きました。 ルグリの仕事に対する熱心な姿勢と、それに対するお二人の想いがヒシヒシと伝わりましたね! 今回はその後編をご紹介いたします。 ―今回踊る作品を紹介してください。 スミルノワ 2つのプログラムで計4作品を披露します。振付家もスタイルも音楽も違う、全くカラーが異なる作品です。特に披………(続きはURLから!↓)
http://community.pia.jp/stage_pia/2017/08/post-593.html

Latest

フレッシュ新メンバーのホストたちによる『私のホストちゃん REBORN』~絶唱! 大阪ミナミ編~ いよいよ開幕!古屋敬多、小坂涼太郎、三浦海里、小林亮太 インタビュー

| 2018年1月17日
きらびやかで厳しいホストの世界を真面目に面白おかしく描いて、歌あり・ダンスあり・口説きあり、観客によるリアル指名ランキングシステムを導入するなど、超エンタテイメントとして人気の高い「私のホストちゃん」シリーズの最新作が、1月19日からいよいよ開幕する!(28...

有罪か?無罪か?主役は事件、主体は観客『TERROR -テロ-』開幕

| 2018年1月17日
2018年1月16日(火)に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて舞台「TERROR-テロ-」が開幕した。本作は、弁護士でもあるドイツの作家フェルディナント・フォン・シーラッハの初戯曲であり、テロリストにハイジャックされた民間旅客機を撃墜した空軍少佐の判決を巡る法廷劇。観... ...

新国立劇場オペラ、新年の幕開けはオペレッタ最高傑作の『こうもり』

| 2018年1月17日
ワルツ王ヨハン・シュトラウスⅡ世によるオペレッタ最高傑作『こうもり』。心躍る有名な序曲からシュトラウスの軽快で洒脱な音楽世界に満ちており、美しいワルツやポルカにのせて喜劇が繰り広げられる。アール・デコ調の華やかな美術・衣裳も大きな見どころ。シュトラウスの...

加納幸和×丸尾丸一郎の歌舞伎狂言シリーズ第2弾『東海道四谷怪談』出演に平野良、白又敦、桑野晃輔ら

| 2018年1月17日
2018年3月に砂岡事務所プロデュース『東海道四谷怪談』が上演される。本作は、2016年5月に上演された『絵本合法衢』に続く、歌舞伎狂言シリーズの第2弾。前作に続き、脚本を加納幸和(花組芝居)、演出を丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)が手掛け、四世鶴屋南北の怪談を、人間の業が絡み合う“群像劇”として... ...

川口大樹×ペヤンヌマキ×安藤玉恵が語る―福岡と東京、それぞれの演劇事情

| 2018年1月17日
谷崎潤一郎の『痴人の愛』を、男女逆転させペヤンヌマキの独自の視点で現代的に描く「ブス会*」版『痴人の愛』。2017年7月に東京・御徒町の古民家でリーディング公演を、12月に東京・こまばアゴラ劇場にて進化させた演劇版本公演を上演。来たる2018年1月21日(日)には、福岡・久留米シティプラザ... ...

歌って踊って一味違う?!『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』稽古場レポート

| 2018年1月17日
2018年1月19日(金)に東京・サンシャイン劇場にて開幕する舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』。主演の古屋敬多(Lead)をはじめとする新ホストちゃん8名を迎えた「REBORN」第2弾は、一体どんな仕上がりとなっているのか?初の通し稽古が行われた稽古場を取材し... ...

佐藤佐吉賞2017 最優秀作品賞は中野坂上デーモンズの憂鬱「園っ、」/宮原将護が最優秀主演男優賞を2年連続受賞

| 2018年1月17日
最優秀作品賞を受賞した中野坂上デーモンズの憂鬱   佐藤佐吉賞2017の最優秀作品賞は中野坂上デーモンズの憂鬱「園っ、」に決定した。その他、各賞も決定。   佐藤佐吉演劇賞は、花まる学習会王子小劇場で年間上演されたすべて20...

音楽とバレエの間 異なる客層、重ねる試み

| 2018年1月17日
バレエ公演とクラシック音楽の演奏会。会場は同じホールでも、客層はまるで異なる。近くて遠い二つの集合を少しでも交わらせようと、劇場や興行主は多様な試みを始めている。 首都キエフで150年の歴史を誇るウクライナ国立歌劇場が年末年始に来日。管弦楽団、バレエ、オペラの順に公演したが、12月27日の「オール・オブ・クラシック プレミアムコンサート」(東京文化会館)は、三つの要素を楽しめる一夜かぎりの特別企画だった。 第1部は管弦楽団が舞台に上がって、ムソルグスキー「展覧会の絵」より「キエフの大門」などを演...

今度は2.5次元の聖地でフレンズたちが大騒ぎ!舞台「けものフレンズ」再演レポート

| 2018年1月17日
2018年1月13日(土)より東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて舞台「けものフレンズ」が開幕した。本作はアニメが大きな話題となった「けものフレンズ」の新たなプロジェクトとして始動し、2017年6月に行われた初演が大盛況となった舞台の再演。メインキャストは初演同様にアニメ... ...

【1月17日付】今週開幕の公演

| 2018年1月17日
2018年1月17日(水)開幕BuzzFestTheater 第6回公演「昏闇の色」制作「山口ちはる」プロデュースVol.09「千に晴れる」□字ック「滅びの国」「舞台『コントス!』」「三人姉妹」Plant M「blue filmーたった1日きりの戯曲公演」「ボクの12支紳士~絵本の中のワンダーランド~」DIAMOND☆DOGS 15th Anniversary Series LOVE LOVE DE SHOW Vol.5「White Labyrinth」リジッター企画公演 第十四攻撃「そこのこと」S...

【仙台市】計画中の音楽ホールと文化芸術振興テーマにシンポジウム 1/27、参加無料

| 2018年1月17日
仙台市は27日、市内の日立システムズホール仙台で音楽ホール検討懇話会関連シンポジウム「これからの仙台に望まれるホールと文化芸術振興」を開く。 市は、市内中心部に計画している音楽ホール整備に向けて、11月に学識者らで構成する同懇話会(会長・本杉省三日大理工学部特任教授)を設置し、検討を開始した。 今回は、市民らの文化活動に密接な音楽ホールについて議論の輪を広げるため、市民を対象に、本杉会長らが音楽ホールをテーマとする問題提起や基調講演などを行う。 開始は午後2時から。定員は300人。参加費は無料。...

【動画あり】加納幸和×丸尾丸一郎×平野良! 砂岡事務所『東海道四谷怪談』3月17日からよみうり大手町ホールで上演

| 2018年1月16日
砂岡事務所プロデュース『東海道四谷怪談』   四世 鶴屋南北の傑作狂言「東海道四谷怪談」が砂岡事務所のプロデュースで3月17日からよみうり大手町ホールで上演される。平野良、白又敦、桑野晃輔らが出演。   本作は2016年20...

石田隼、古谷大和、芹沢尚哉、藤原祐規らが女性ストリッパーに!?非常識ステージ『ストリップ学園』公演レポート

| 2018年1月16日
good morning N°5の澤田育子が脚本・演出を手掛ける、ハダカ座公演vol.1『ストリップ学園』が、2018年1月12日(金)に開幕した。石田隼、古谷大和、芹沢尚哉、藤原祐規らが“女よりも女らしさ溢れる”ストリッパーとなりNo.1を目指す、前代未聞のストーリーを展開する本作。初日... ...