多機能小ホール求めて 文化団体ら署名活動

和歌山市の旧市立伏虎中学校跡地に開館予定の新市民会館の基本設計案を受け、現市民会館の小ホールを主に使用している団体などが、設計案の再検討を求める署名活動を進めており、18日には現会館前で署名を呼び掛けた。 発表された基本設計案では、小ホールの舞台周囲が壁で覆われ、コンサートホールのような形状になっており、花道や舞台袖がないことから、演劇関係者や雅楽、日本舞踊など伝統芸能の団体からは小ホールでの公演ができなくなるという声が上がっている。また、小規模興行の団体には大ホールが使いづらいこと、若手育成の場所が ...