箕面市の新文化ホール、指定管理料なしでの運営を民間事業者が提案

大阪府箕面市は6月12日、2021年4月開業を目指す新文化ホールの運営管理予定事業者に、キョードーファクトリーを選定したと発表した。 新文化ホールは、北大阪急行線延伸で開業する「(仮称)箕面船場駅」前に、PFI方式で整備される。1000〜1400席の大ホールと、250席の小ホールなどで構成し、既存ホール(501席)と併用して活用する。箕面市は専門性の高いホール運営管理者を選ぶことを重視し、整備事業者の選定に先行して4月から募集を行っていた。 キョードーファクトリーは、市から指定管理料を受け取るのではな ...