「新和市民会館小ホール 多目的に」

伏虎中学校跡地に和歌山市が計画している新市民会館の小ホールに関し、文化団体の代表者ら30人が9日、市役所を訪れ、「案を見る限り、クラシック音楽専用。幅広い芸術活動に利用できるよう、再検討してほしい」と市と市議会に要望書を提出した(写真)。劇団ZEROの島田忠さんは「明らかに多目的ではない。和歌山の文化に痛手となる」と言葉を強めた。 再検討を求めるのは、演劇やオペラ、日本舞踊、バレエ、カラオケ、フラメンコなど市を拠点に活動する文化団体。市文化振興課が5月27日、「大小ホールとも多目的利用が可能」と発表し ...