徳島市の新ホール1500席確保 避難所活用も検討

13日の徳島市議会6月定例会で、市が徳島駅西側の用地(4866平方メートル)を建設予定地としている新ホール整備計画について、メイン施設となる大ホールの規模をただす質問が相次いだ。市側は、一流の芸術に触れることのできる規模として「1500席」を確保したいとの考えを繰り返した。 森井嘉一(自民)土井昭一(公明)渡邊亜由美(共産)の3氏が代表質問し「敷地面積はやや狭いが、1500席は維持しなければならない」「敷地面積や形状は1500席に対応できるのか」などと、市の整備方針をただした。遠藤彰良市長は「1500 ...