ホール案撤回前提なら協議 新町西再開発で市長 /徳島

徳島市議会6月定例会で各会派の代表質問が12日に始まり、市がJR徳島駅西側を建設候補地に決めた新ホール建設計画について議論した。遠藤彰良市長は、市が撤退を決め、現在徳島地裁で争っている新町西地区再開発事業にも言及し、「再開発組合がホールを核にする現計画撤回を前提とするなら、新たなまちづくりや組合の今後について協議したい」との考えを述べた。 総事業費や新町西地区再開発事業の訴訟の動向など計画の課題を指摘する武知浩之市議(朋友会)の質問に答えた。市は、現地で客席1500人規模の大ホールと小ホールの配置が可 ...