水戸市の新市民会館 整備計画固まらず 活性化の拠点、期待するが… /茨城

水戸市が2020年度の開館を目指して整備を計画する新市民会館は、2000人収容の県内最大規模のホールになる見通しだ。市は年間60万人の利用者数を見込み、中心市街地活性化の拠点と期待をかける。だが巨額の建設費に加え、周辺も含めた整備計画の全体像もなかなか固まらず、先行きは不透明だ。 東日本大震災で旧会館が被災したため、建て替え移転を決めた。新会館の予定地は水戸市泉町1の京成百貨店の正面に位置する。 地上4階、地下1階の建物の建設費は概算約192億円で、約1ヘクタールの用地にかかる費用を含めて総事業費を約 ...