音楽機能重視の考え 市民会館で尾花市長

平成33年4月の開館に向けて、和歌山市が七番丁の旧伏虎中学校跡地に建設計画を進めている新市民会館について、尾花正啓市長は5日の定例記者会見で、仕様に対してさまざまな要望が寄せられている小ホール(約400席)に関し、「音楽で使われる場面が多いので、音楽機能を向上させたい」と言及した。 同計画を巡っては、5月27日に市教委が基本設計案の概要説明会を開き、音楽、演劇、雅楽、舞踊、茶道など新市民会館を多く使用することになる文化団体の市民ら約70人が参加。設計を担当した梓設計・環境建築計画共同企業体の責任者らが ...